Hitachi Systems

MENUCLOSE

Aruba 技術・特長 高セキュリティと多くの便利な機能を搭載Aruba | 技術・特長高セキュリティと多くの便利な機能を搭載

ホーム > Aruba 技術・特長(運用性能)

運用性能

Thin APによる集中管理

従来はAPがすべての処理を行なうFAT型APでした。Arubaでは単純に無線のみを受け持つ“Thin AP”と、集中管理するコントローラーに分離しました。これによって多くのAPを集中して管理することができ、統一した運用管理が可能になります。

従来型とThin AP

無線空間の最適化

ARM(Adaptive Radio Management™)技術により、他APとの干渉や新規AP設置時に自動的に無線空間を最適化します。

無線空間の電波状況の相関図

ARMの主な機能

  1. 電波状況のスキャン・モニタ
  2. ベストチャネルと出力レベルの自動選択
  3. 衝突・干渉による影響を最小に
  4. APがフェイルした時のカバレージ修正
  5. 音声品質向上のためのスキャニング停止
  6. クライアント状況に応じたチャネル変更の無効化

メッシュアクセスポイント機能

メッシュアクセスポイント機能は、アクセスポイントまでLAN配線ができない場所でもアクセスポイント同士が通信することによって、どこでも無線LAN通信を実現させる機能です。また、同じメッシュ機能でも、アクセスポイントの故障時にも自動切替する機能や屋外対応、暗号・復号化の際パフォーマンスの劣化対策など、Arubaは他社にない優位性があります。

メッシュアクセスポイント機能

このページのトップへ

このページの先頭へ