Hitachi Systems

MENUCLOSE

導入事例 さまざまな企業で導入が進んでいる無線LAN導入事例 さまざまな企業で導入が進んでいる無線LAN

A社

お客様概要

企業規模

  • 東証一部上場企業
  • 従業員数:約1700人(連結)
  • 資本金:約123億円

事業内容

オフィス機器事業、オートステープラ事業、インダストリアル機器事業、住環境事業

概要

一般向け文房具から住環境機器、建築機器などの製品製造を行う総合メーカー。現場での使い勝手を強く意識したものづくりが顧客からの高い支持を得ており、特にステープラの分野では圧倒的な世界シェアを持っている企業です。

システム導入の背景

このお客様は、これまでも本社でのみAruba社製のアクセスポイントを使用している既存ユーザーでした。しかし、工場内の生産ラインで無線LANの拡充の要望があり、今回の導入が決定しました。選定の際には、他社の無線LAN製品もローエンドからAruba級のハイエンド対応のものまで検討されましたが、下記の理由からArubaの導入が決定しました。

  • 有線/無線の混在環境のネットワークをAruba1台で統合的に管理できること
  • ユーザー単位でのアクセスポリシー制御機能があり、高セキュリティを保てること

導入システムの概要

本社と製造工場のLANは、管理の関係上それぞれ独立した構成になっていますが、802.1X認証で統一され、従業員が拠点間を行き来しても同じ環境のネットワークに接続が可能です。工場内は広大なため、干渉やカバレージホールが発生するのを防ぐために、Aruba独自の自動的に電波調整ができるARM(Adaptive Radio Management)機能を使用して運用管理の効率化によるコストの削減を実現しています。

導入機器

  • コントローラー(工場AP制御用):Aruba 800
  • アクセスポイント:13台

システムの導入メリット

お客様のご要望は、元々工場のハンディターミナルで利用するための無線LAN導入でした。しかし、認証の問題や有線・無線ネットワークの管理の問題、接続する従業員の移動時の問題などさまざまな要望も同時に含まれていました。これらを全て解決できる無線LANシステムがArubaだったのです。その中でも、お客様がArubaを選択した3つのファクターを以下に記します。

  1. Arubaの管理機能を使った有線・無線LANの一元管理
  2. どこでも同じ環境でネットワーク接続できること
  3. ハンディターミナルリアルタイム更新による最新情報の活用

他の導入事例一覧

大阪経済法科大学
快適でセキュアなネットワークインフラを管理者の負担を軽減して実現。 学生がキャンパス内のどこからでも、いつでも、端末から学習できる環境を実現。
エース株式会社
無線でワークスタイルの変化に対応しセキュリティ確保に一工夫。
端末認証により強固なセキュリティを構築、指定PC以外を排除。
日立ソリューションズ(日立大森ビル)
日立グループの最大規模の事例。 1台2役(内線電話/携帯電話)の無線LANデュアル端末の利用により、機器購入費と 通信費の削減を実現。年間2000万円のレイアウト変更関連費も削減。
A社
本社と製造工場の拠点間を従業員が行き来しても、同じ環境のネットワークに接続が可能。
ARM(Adaptive Radio Management)機能を使用して、広大な工場内の運用管理を効率化することでコストの削減を実現。
A大学
既存ネットワークとの親和性と集中管理機能による一元管理の実施で、安定稼動とセキュリティ強化を実現。ユーザー毎のアクセス権の付与機能により、来訪者にはインターネットへのアクセスだけを許可しセキュリティを強化。

このページのトップへ

このページの先頭へ
https://adulttorrent.org

www.baden-medservice.com/biznes-jemigracija-v-germaniju/

ミアムミセミコミオムム ミアミクミスミームミスム錦 ミセミソムミクミセミスミセミイ ム ミエミオミシミセ ムムミオムひセミシ