導入事例 様々な企業で導入が進んでいる無線LAN

TOP > 導入事例 > A大学

A大学

お客様概要

A大学は、3つの学部で編成された、4,000人以上の学生が在籍する私立大学です。近年メディアに関する学科を創設し、国際色豊かな教授陣を揃えるなど、時代の変化に対応して多くの先進的な試みを続けています。新しい技術に関しても同じスタンスを持っています。Webメールシステムやストリーミングサーバを活用した学生が使用できる充実した内容のe-learningコンテンツを持っています。「サイバーキャンパスへの取り組み」を掲げた、ITの活用に積極的な大学です。

システム導入の背景

A大学は、Arubaの導入以前から有線LANでのネットワーク化を行っていました。しかし、学生のライフスタイルの変化から学内のどこからでもネットワークにアクセスしたいという要望が多く挙げられていました。そのためキャンパス全体の無線LANの導入が検討されました。

システムの概要

この事例の大きな特長は、キャンパス全体の無線ネットワークの安定稼動とセキュリティ強化に、より重点を置いた構成となっていることです。下記のように、Arubaの高い(既存ネットワークとの)親和性と集中管理機能による一元管理によって安定稼動とセキュリティ強化を実現しました。

  • 無線電波を発するアクセスポイント以外に、ネットワークの電波状況や不正なアクセスポイントを監視するためのAir Monitor機能専用のアクセスポイントを設置し、電波環境の状況把握を厳密に実施
  • アクセスポイントを集中管理するコントローラ(最上位機種のAruba 5000)を冗長構成とし、有線LANまでもこのコントローラの管理対象として、Arubaによるネットワーク全体管理を実現
  • 認証は有線・無線ネットワークの双方ともにArubaを通ることによる統合管理、しかも既存のLDAPサーバ資産の活用によるコスト削減も実現

システムの導入メリット

キャンパスでは学生や教員が私用PCを持ち込んで使用します。無線LAN導入によってキャンパス内であれば、いつでもどこでもwebやネットワークに接続できるようになりました。このことが一番の要望でしたが、その他の多くの条件を満たしながら、かつ価格的に手頃であることがAruba導入の決め手となりました。

  1. 従来のLDAP認証がそのまま使える事により、無線ネットワークでアクセスする場合でも、従来通りユーザアクセス方法や運用方法での導入が可能
  2. ユーザ毎のアクセス権の付与機能があります。これによって、教授・職員・学生はそれぞれの権限の範囲でネットワークアクセスが実現できると共に、来訪者にはインターネットへのアクセスだけを許可するという利用方法が可能になりました。
  3. 前述の電波環境や不正アクセスポイントを絶えず監視し続けるAirMonitor機能やユーザレベルのファイアーウォール機能を駆使することによって高セキュリティも実現しました。

他の導入事例一覧

大阪経済法科大学
快適でセキュアなネットワークインフラを管理者の負担を軽減して実現。 学生がキャンパス内のどこからでも、いつでも、端末から学習出来る環境を実現。
エース株式会社
無線でワークスタイルの変化に対応しセキュリティ確保に一工夫。
端末認証により強固なセキュリティを構築、指定PC以外を排除。
日立ソリューションズ(日立大森ビル)
日立グループの最大規模の事例。 1台2役(内線電話/携帯電話)の無線LANデュアル端末の利用により、機器購入費と 通信費の削減を実現。年間2000万円のレイアウト変更関連費も削減。
A社
本社と製造工場の拠点間を従業員が行き来しても、同じ環境のネットワークに接続が可能。
ARM(Adaptive Radio Management)機能を使用して、広大な工場内の運用管理を効率化することでコストの削減を実現。
A大学
既存ネットワークとの親和性と集中管理機能による一元管理の実施で、安定稼動とセキュリティ強化を実現。ユーザ毎のアクセス権の付与機能により、来訪者にはインターネットへのアクセスだけを許可しセキュリティを強化。

このページのトップへ