Hitachi Systems

MENUCLOSE

適用モデル さまざまな事業分野でArubaシリーズの導入が拡大中適用モデルさまざまな事業分野でArubaシリーズの導入が拡大中

ホーム > 適用モデル > 教育機関

教育機関

教育現場からの要望

  • モバイルアクセス

    コンピュータ室だけでなく、学校全体で利用したい。

  • 不審者モニタリング

    校内への不審者の侵入事件が多数報告されていて、対策をしたい。

  • 所在位置管理

    児童・生徒が校内に居るかどうかの管理をしたい。事件・事故に巻き込まれることを防止したい。

さまざまなソリューションと組み合わせた解決策

「校内等での所在管理」「モバイルアクセス」「不審者モニタリング」

  • 全校でインターネット

    校内LANによってすべての教室からインターネットの利用が可能に。さらに無線LANを併用すれば、教室内の場所も選びません。いつでも、どこでも、すぐにインターネットが活用でき、より臨場感のある授業ができます。体育館や屋外での授業にも利用が広がります。

  • 教材の送受信と共有化

    インターネット上の最新情報で作ったオリジナル教材や、繰り返し使う基礎教材などは校内に設置したファイルサーバーで一元管理。ひとつの教材を複数の先生で効率良く共有でき、教材の共通化や、情報の最新化・均等化が可能になります。また、情報化が進むことにより校務の効率向上が見込めます。

  • 児童生徒の安全

    校内への侵入者の監視や登下校の状況も監視カメラ、Wi-Fiタグ、無線LANの技術を組み合わせて利用することによって容易に管理ができます。児童・生徒自身がWi-Fiタグを持つことによって、所在確認も可能です。


教育機関の導入事例一覧

大阪経済法科大学
快適でセキュアなネットワークインフラを管理者の負担を軽減して実現。 学生がキャンパス内のどこからでも、いつでも、端末から学習できる環境を実現。
A大学
既存ネットワークとの親和性と集中管理機能による一元管理の実施で、安定稼動とセキュリティ強化を実現。ユーザー毎のアクセス権の付与機能により、来訪者にはインターネットへのアクセスだけを許可しセキュリティを強化。

このページのトップへ

このページの先頭へ
http://ivf-lab.com