適用モデル 様々な事業分野でArubaシリーズの導入が拡大中

TOP > 適用モデル > 物流業

物流業

物流現場からの要望

  • 物流の効率化:リアルタイムに荷物、機器、備品等を管理して効率化を進めたい。
  • 倉庫内の配線:広大な倉庫全域へのネットワーク配線ができない。
  • 倉庫内の障害物:倉庫内の各機器や荷物自体が障害物となって、無線が通り難い箇所が多い。

様々なソリューションと組み合わせた解決策

「物流現場内」→コスト削減(稼働管理→車両数の最適化)

物流の効率化

荷物・機器・車両等にWi-Fiタグを貼付することによってリアルタイムの所在確認・管理が出来ます。これにより全体の把握がしやすくなり、物流業務全体の効率化が見込めます。

LANケーブル配線不要

Arubaのワイヤレスメッシュの機能を活用することによって、LANケーブルの配線をしなくても、MeshPoint同士のアクセスによるネットワーク接続が可能です。また、MeshClusterの機能による自動切替が可能です。これにより、障害に強い高可用性無線ネットワークが実現します。

IEEE802.11ac対応

新規格の802.11acによって、高速(最大867Mbps〜6.93Gbps)な無線LANネットワークの活用ができるほか、障害物の反射にも強く大型のコンテナ等が大量にあるような特殊な状況下でも対応可能です。

このページのトップへ

best-cooler.reviews

best sit and stand stroller

best tv shows on amazon prime