Hitachi Systems

MENUCLOSE

適用モデル さまざまな事業分野でArubaシリーズの導入が拡大中適用モデルさまざまな事業分野でArubaシリーズの導入が拡大中

ホーム > 適用モデル > 製造業

製造業

製造現場からの要望

  • LAN配線ができない

    広大な工場全域へのネットワーク配線ができない。

  • 多数の障害物の問題

    工場内では生産ライン自体が障害物となり無線が通り難い箇所が多い。

  • 生産状況の迅速な把握

    生産ライン上で起こるさまざまな状況をリアルタイムで把握したい。

さまざまなソリューションと組み合わせた解決策

「製品工場内」

  • 工場間の無線通信も可能

    敷地内で隣接しているような建物同士でもワイヤレスメッシュ機能を使って通信することが可能です。屋外の回線工事などの設備投資を大幅に削減することも可能です。

  • IEEE802.11ac対応

    新規格の802.11acによって、高速(最大867Mbps〜6.93Gbps)な無線LANネットワークの活用ができるほか、障害物の反射にも強く大型機械のあるような特殊な状況下でも対応可能です。

  • LANケーブル配線不要

    Arubaのワイヤレスメッシュの機能を活用することによって、LANケーブルの配線をしなくても、MeshPoint同士のアクセスによるネットワーク接続が可能です。また、MeshClusterの機能による自動切替が可能です。これにより、障害に強い高可用性無線ネットワークが実現します。


製造業の導入事例一覧

エース株式会社
無線でワークスタイルの変化に対応しセキュリティ確保に一工夫。
端末認証により強固なセキュリティを構築、指定PC以外を排除。
A社
本社と製造工場の拠点間を従業員が行き来しても、同じ環境のネットワークに接続が可能。
ARM(Adaptive Radio Management)機能を使用して、広大な工場内の運用管理を効率化することでコストの削減を実現。

このページのトップへ

このページの先頭へ