ページの本文へ

株式会社 Dunyaturuソリューションズ

Dunyaturuソリューションズ『Amazon Web Servicesのための運用支援サービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

Amazon Web Servicesのための運用支援サービス

Amazon Web Services のための運用支援サービス(以下、本サービス)はお客様が管理されるAmazon Web Services(以下、AWS)上のシステム運用課題に対し、弊社の豊富なシステム導入・運用実績を元に標準化したノウハウをご提供することでお客様の抱える課題解決を支援します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • AWSを導入したいけれど、運用監視のノウハウがない。

    AWSのシステム構築、運用をする中で培った技術やノウハウをサービス提供。

  • AWSの運用監視をリーズナブルにアウトソースしたい。

    運用対象サーバの台数に基づく月額課金で、使った分だけ支払うシンプルな料金体系。

  • 大規模のシステムにも、クラウドを活用していきたい。

    Dunyaturuグループとして、コンサルティング・導入・運用サポートまでトータルソリューションを提供。

AWSのための運用支援サービス 内容

本サービスは、AWSをご利用のお客様に対して、24時間365日のシステム監視や日次バックアップ、障害発生時の一次対応・エスカレーションなど、AWS上でシステム運用する際に必要なサービスを提供します。

AWSのための運用支援サービス のポイント

サーバ要らず

オールインワン

クラウドにマッチした料金体系

システム構成図

本サービスは、AWSのAmazon EC2(以下、EC2)インスタンスに対する監視やバックアップの機能をご提供します。また、インターネットからWebサイトの稼動状況を監視する機能も提供します。

システム構成図

本サービスのシステム構成

ご提供サービス詳細

基本サービスとして、「監視・バックアップサービス」と「URL監視サービス」を提供します。

監視・バックアップサービス

機能 内容
インスタンス死活監視 AWSハードウェアとEC2インスタンスのソフトウェアとネットワークの状態チェック
リソース監視 CPU利用率 CPU利用率のしきい値監視
メモリ利用率 メモリ利用率のしきい値監視
ディスク利用率 ディスク利用率のしきい値監視
Swap利用率 Swap/ページファイル利用率のしきい値監視
ディスク読込み/書込み回数 ディスクの読込み/書込み操作の回数のしきい値監視
ディスク読込み/書込みデータ量 ディスクの読込み/書込みデータ量のしきい値監視
ディスクスループット率 (※) EBSプロビジョンドIOPSボリュームのIOPS利用率のしきい値監視
ネットワーク受信/送信データ量 ネットワークの受信/送信データ量のしきい値監視
プロセス監視 プロセス監視 プロセスの稼動数のしきい値監視
Windowsサービス監視 Windowsサービスの稼動状態の監視
ログ監視 ログファイル監視 ログファイルをリアルタイムで監視し、パターンマッチした場合に通知
Windowsイベントログ監視 Windowsイベントログをリアルタイムで監視し、パターンマッチした場合に通知
バックアップ ボリュームバックアップ スケジュールに従いEBSのSnapshotを取得
ファイルバックアップ スケジュールに従いファイルをS3にバックアップ

※EBSプロビジョンドIOPSボリュームのみで利用可能

URL監視サービス

機能 内容
URL監視 応答コード・応答時間 特定のURLにHTTP(S)リクエストを送信し、応答コードと応答時間をチェック

運用代行オプション

運用代行オプションは24時間365日体制のコールセンター・オペレーターを提供するサービスです。AWS のシステム運用経験が豊富なエンジニア・運用スタッフが責任を持って、お客様システムの運用を行います。

システム概要図

ご提供サービス内容

基本サービスに加え、運用代行オプションをご利用していただくことにより、下記のサービスを提供いたします。運用代行オプションは チケット制となります。規定したチケットに基づき、障害発生時の一次対応および任意の運用業務を実施します。

サービス内容 基本サービス 運用代行オプション
障害時通知 メール メール・電話
障害時一次対応
運用業務代行
対応時間 平日9:00~17:30 24時間365日

運用代行オプションで対応可能な運用作業一覧

運用作業 消費チケット数
アラート連絡 アラートを検知した際に、サポート窓口から電話による連絡を実施。 1チケット/1回
インスタンスの起動・停止 アラートを検知した際に、予め決められた作業手順に沿って「アラート連絡」と「インスタンス起動・停止作業」を実施。 2チケット/1回
ミドルウェアの起動・停止 アラートを検知した際に、予め決められた作業手順に沿って「アラート連絡」と「ミドルウェアの 起動・停止作業」を実施。 2チケット/1回
ログの取得 アラートを検知した際に、予め決められた作業手順に沿って「アラート連絡」とOS・ミドルウェア・ アプリケーション等の「ログ取得作業」を実施。 2チケット/1回
EC2インスタンスのリストア アラートを検知した際に、予め決められた作業手順に沿って「アラート連絡」とAMIやEBS Snapshot から「EC2インスタンスのリストア作業」を実施。 2チケット/1回
サイト閉塞 アラートを検知した際に、予め決められた作業手順に沿って「アラート連絡」と「Sorryサイトへの 切り替え作業」を実施。 2チケット/1回
稼動レポート作成 毎月10日までに稼働レポートを提供。レポート対象は「サーバのリソース状況」「通知メール数」「インシデント数」など。 2チケット/1ヶ月
セキュリティアラート調査 不正侵入検知/防御製品にて検知したセキュリティアラートに関するお問い合わせに対して回答を実施。 1チケット/1回
任意の運用作業 お客様のご要望に応じて、個別に規定した作業内容を実施。 個別に規定

Trend Micro Deep Security

運用代行オプションでは、不正侵入検知/防御製品としてTrend Micro Deep Securityをご利用いただけます。

Trend Micro Deep Securityは、サーバセキュリティに必要な以下の機能を提供する総合サーバセキュリティ対策ソフトウェアです。

Trend Micro Deep Securityは、ホスト型保護モジュールなので、導入に伴いネットワークの構成変更は必要なく、必要なサーバに必要な数だけ導入することができます。

加えて、オートスケーリングに対応しており、サーバー負荷の増減などに応じて自動的に生成・削除されるEC2インスタンスに、指定したセキュリティポリシーを自動で適用することができます。

Trend Micro Deep Security の商品紹介ページはこちら:

価格(税抜)

基本サービス

利用時間に基づく月額料金にてご提供します

監視・バックアップサービスでは課金方式として、「オンデマンド」と「リザーブド」の2種類をご提供します

運用エージェントの導入作業を「運用エージェント導入代行サービス」により請け負うことも可能です

サービス費用 価格(一時費用) 価格(月額費用)
監視・バックアップサービス オンデマンド \14 /インスタンス数・時間
リザーブド(1年) \10,000 /インスタンス数 \10 /インスタンス数・時間
URL監視サービス \7 /URL数・時間
運用エージェント導入代行サービス 基本料金(5インスタンスまで) \120,000~/システム
追加料金(インスタンス単位) \20.000/インスタンス

運用代行オプション

インスタンス数に基づく月額料金にてご提供します

利用可能なチケット数の上限は、インスタンス数に応じて決定されます

運用代行オプションを開始する場合には、導入作業として一時費用が発生します

サービスメニュー 価格(一時費用) 価格(月額費用)
運用代行オプション 基本料金(インスタンス単位:2チケット) \30,000/インスタンス数
追加料金(チケット単位) \15,000/チケット
導入作業費用 \200,000~/システム
Trend Micro Deep Security ※Trend Micro Deep Securityをご希望のお客様は、ページ下部のお問い合わせ先までお問い合わせください。

最終更新日:2017年9月4日

oncesearch.com/details/girlsdoporn_e239_20_years_old_xxx_sd_mp4_rarbg

http://kompozit.ua

arbud-prom.com.ua