導入事例

業務マニュアルの稟議ワークフロー

社内で利用する業務マニュアルや文書の承認回覧の迅速化および、統括管理を行うことができるシステムです。

ソリューション概要    − 顧客提案時の戦略,受注ポイント等

業務効率化
  電子決裁基盤を活用した決裁事務の電子化により、事務の効率化・スピードアップを実現します。
情報共有化
  個人で管理されていた情報(紙文書を含む)を組織として共有・運用します。
所定の権限を保有する職員であれば、ブラウザからいつでも、どこでも、すべての文書の照会を可能にします。
情報改ざんの防止
  セキュリティ機能、組織・職員の認証機能、操作履歴管理機能等により、電子文書の信憑性を確保します。
紙文書を含むトータル管理
  システムの運用が開始されても、従前の紙文書による行政事務は大量に残るとともに、電子文書に係る添付情報も新たな管理対象となります。
紙文書と電子文書(添付情報を含む)のライフサイクル全般の管理・運用を可能にします。

システム構成



実績情報    −適用規模、開発規模、スケジュール等

適用規模 500クライアント
案件数 200〜1000案件/1日
開発規模 140Kstep
設計・テスト期間 8ヶ月
工数 117人月

ワークフロー制御を含むEJB・業務ロジック及びDBアクセス部分の実績であり、
 画面制御部分は含んでおりません。


▲このページのTOPへ
 
本サイトは2010年10月1日以前に公開されたもののため、旧社名”日立システム”と表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て日立ソリューションズとして引き続き提供しております。製品に関する御不明点等・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

© Hitachi solutions, Ltd. 2010. All rights reserved.