ページの本文へ

内海 由博の『SCMの要、需給調整業務の高度化』(1/4)|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

特集・コラム

SCMの要、需給調整業務の高度化 SCMの要、需給調整業務の高度化

はじめに

 サプライチェーンマネジメント(SCM)の重要性が指摘されて久しいが、時間を経ると共に、いくつかの部分的課題が解決される一方で、SCMを取り巻く課題の広範さ、複雑さが露呈してきているように感じている。より効率的で強靭なサプライチェーンの確立に向けて取り組むべき課題は多い。

 当社はこれまでSCP(サプライチェーンプランニング)領域において、需要予測「ForecastPRO」、販売計画と需給調整(デマンドプランニング)「SynCAS」、生産計画・スケジュールング(サプライプランニング)「SynPIX」「SynPLA」など各種ソリューションを通じてお客様と共にSCM改善に取り組んできた。景気動向が不透明で見通しを立てにくい昨今の状況では、事業計画や販売計画を綿密に立案する事に労力を割くよりも、大きなトレンドや変化要因、実績データの傾向から需要を予測した上で、実行フェーズにおいて最新データを素早く評価し、需給調整に反映する運用が有効であると考える。

 しかし、この重要なオペレーションである需給調整業務に対し、多くの情報システムは必ずしも十分に対応しておらず、Excelなどの汎用ソフトウェアを利用し担当者の力量に任されている現状をよく目にする。数百から数千というSKUを一人の担当者で扱う事も少なくなく、効率と精度の両面から、ITによる支援を強化すべきであると感じている。

 今回は、この需給調整業務に関わる一連のオペレーションを強力に支援するデマンドプランニングソリューション「SynCAS Visual Center(仮称)」(以下、SynCAS VCと略して記述する)を紹介する。

需給調整業務の実態はイレギュラー処理が中心

 販売見通しを立て生産や調達量を調整し、その計画に基づいて実行していくが、その過程においては様々な調整が必要となる。

 需要の増減や調達・生産の遅れ、数量の変更などが発生し、現実は当初の計画通りに進まないことが多い。そのため需給調整の現場はイレギュラー処理への対応を余儀なくされている。むしろこうしたイレギュラー処理が業務の中心となり、業務時間の大半が割かれている現実がある。現場では、「状況変化を加味した需給計画を立案する」という本来の業務に十分に時間を割けないため、様々な問題が発生している。例えば、需要の増減を確認する時間を十分にとれず、調達手配を「いつも通り」の量で行ったり、生産依頼を「いつもの通り」の量・頻度で行ったりするため、実際の需要の動きに追随できず欠品や在庫過剰を招いているケースは少なくない。

 イレギュラー処理の業務は大半が緊急対応を要するため、扱い量の大きい定期発注のようなルーチン業務の優先度が下がったり、数量の見直しや調整が疎かになる傾向がある。これが次のイレギュラー処理を誘発する原因となり、負のサイクルに繋がっている企業も見受けられる。

 要員を十分に確保して人海戦術でイレギュラーな対応をこなしている企業においても、システム化によって業務効率化とイレギュラー事象の発生頻度の低減を図ることで、業務の安定化と収益性の改善ができる余地は大きい。

最適在庫の設定は不可能か

 多忙を極める需給調整業務だが、それを支える情報システムの実情はどうだろうか。
 当社に相談を寄せていただく多くの企業では、資材調達や製造、実績収集などの生産管理を中心とした情報システムは導入されているものの、販売計画や需給調整を支援するシステムは未導入か簡易的なしくみで運用されているケースも少なくない。Excel等の表計算ソフトでの運用も目立つが、計画業務向けの専用システムを導入している場合に比べ、計画調整の客観性や安定性、データ量が増えた場合の性能面で問題が発生していることが多い。

 需要の傾向が安定しており、生産頻度や生産量に大きな調整が必要ない場合は表計算ソフトでの管理でも対応可能と思われるが、需要側の変化や供給側の変更を反映したイレギュラー対応が頻発する現場では、問題を解決するために関係部署や取引先との情報交換に多くの時間を費やすことになる。表計算ソフトではこうした場合の情報共有と調整のニーズに十分に対応できない。SynCASのような需給調整向けアプリケーションでは、一連の業務処理を効率良く遂行する事が可能である。

 一例として在庫調整の適正化の例を見てみよう。
 各品目の在庫管理において「在庫水準の適正値が明確に設定されているか」は、業務が効率的に実施されているか否かを判断する有効な基準のひとつになる。ここで言う在庫水準の適正値とは、変化する需要を考慮した過不足のない在庫量を維持するための安全在庫を含めた値のことである。

 図1に示す様に、在庫調整業務においては、最新の在庫量と先々の需要の見通しから在庫推移を算出し、安全在庫を割り込むタイミングと必要な在庫補充量を求め、調達や生産に必要なリードタイム(LT)を考慮して調達・生産の指示を行う。原則的にはこの業務を全ての品目に対して実施することが望ましい。しかし実際は安全在庫の基準の見直しがタイムリーに行われておらず、そのため在庫基準も最適とは言い難い状況になっているケースが少なくない。読者の状況はいかがだろうか。割ける工数や表計算ソフト等のツールの機能制約から、主要品目に対する限定的な確認になっている場合が多いのではないだろうか。

図1 最適在庫の調整

図1 最適在庫の調整

次ページ需給調整業務を支えるPSIソリューション

サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得

メガFTAの入り口メガFTAの入り口

インダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machinesインダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machines

『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』続:IoT 先行企業の狙いを見極める。~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~

IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」

グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク 嶋 正和氏グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク

LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向 伊藤 敏憲氏LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向

世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否 押田 努氏世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否

動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~ 伊藤 敏憲氏動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~

FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革 嶋 正和氏FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革

IoT 先行企業の狙いを見極める。 鍋野 敬一郎氏IoT 先行企業の狙いを見極める。

自動車産業の未来と課題 鶴原 吉郎氏自動車産業の未来と課題

BPMで、確実に効果を生み出す極意 大川原 文明氏BPMで、確実に効果を生み出す極意

グローバル経営を支える見える化の情報基盤 浅利 浩一氏グローバル経営を支える見える化の情報基盤

社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう 森信 茂樹氏社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう

流通マーケット最前線2 流通ニュース編集部流通マーケット最前線2

新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略 朴 英元氏新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略

顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略 鍋野 敬一郎氏顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略

情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力 浅利 浩一氏情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力

コンシューマライゼーションの大きな波 株式会社フロンティアワン ソーシャルメディア研究チームコンシューマライゼーションの大きな波

ビッグデータと企業情報システム 牧野 二郎氏ビッグデータと企業情報システム

『コンサルタントの道具箱』 鍋野 敬一郎氏コンサルタントの道具箱

グローバル連結経営管理を考える 中澤 進氏グローバル連結経営管理を考える

グローバル製造業のための勝てるコストを作り込む「攻めの生産管理」

教えて!業務の達人

ビッグデータ特集

【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!

PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~

企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤

Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)

ビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出するビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出する

<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策

IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~

音声合成システムを活用する企業が成功している理由音声合成システムを活用する企業が成功している理由

オムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革するオムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革する

「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする

売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス

SCMの要、需給調整業務の高度化SCMの要、需給調整業務の高度化

グローバル展開を支える情報システムグローバル展開を支える情報システム

『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ

グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムグローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システム

【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~

複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する

企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み

SCM改善活動を通した在庫適正化への取組みSCM改善活動を通した在庫適正化への取組み

業務へのスマートデバイス有効活用業務へのスマートデバイス有効活用

本サイトは2015年1月1日以前に公開されたもののため、旧社名で表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て新体制にて引き続き提供しております。製品に関するご不明点等・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【旧社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・ビジネス/(株)Dunyaturuソリューションズ・ネクサス → 【新社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・クリエイト

ページの先頭へ
www.optiontradingstrategies.net

www.adulttorrent.org/search/Soft/9

www.best-drones.reviews