ページの本文へ

教えて!業務の達人|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

特集・コラム

教えて!業務の達人 第6回 TPP/FTAが変える企業のグローバル戦略(その2)TPP/FTA適用による競争力強化

※本コンテンツは、2016年2月に作成したものです。
※本コンテンツは、以下資料を基に制作しています。
・日本貿易振興機構(JETRO) 関税・関税制度を調べる
・財務省関税局・税関 経済連携協定(FTA/EPA)
・商工会議所(JCCI) EPAに基づく特定原産地証明書発給事業
・経済産業省 EPA/FTA/投資協定
・  セミナー・講演資料

FTA適用の業務プロセス Click

今後、ほとんどすべての日本企業が直接的、間接的にFTAの影響を受ける時代が到来します。

企業にとってのFTA活用の第一のメリットは関税削減効果ですが、FTA活用には、まず以下のような「FTA適用業務プロセス」を確認し、企業の体制とマネジメントシステムを構築することが必要になります。

FTA適用の業務プロセス

FTA適用の業務プロセス

原産地規則:ある産品の原産地(=物品の「国籍」)を特定するためのルール

HSコード Click

HSコードは、輸出入の際に物品を分類する番号です。この番号から関税率、原産地規則を調べることができます。

HSコードで関税率を調べるんじゃな!

HSコードは、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて定められたコード番号のことです。

HSコードとは

HSコードとは

原産地規則 Click

FTAは、その締約国に対して、FTA域内の他国に一律適用する関税率より特別に低い関税率(FTA特恵税率)を適用することを約束します。
このFTA特恵税率を適用できる締約国産のモノ(原産品)であるかどうかを判断するために、他国のモノとの線引きが必要になります。
他国産の産品のすり替えや迂回貿易を回避するため、全てのHSコードについて原産地規則がFTAで規定されています。

わが国の原産地規則の主な規則の概要を説明します。

〈原産地規則〉…ある産品の原産地を特定するためのルールで、以下3つの規定があります。

原産地基準 FTA税率の対象となる原産品となるための基準
積送基準 輸出国から輸入国までの間の運送について満たすべき基準
原産地手順 税関に原産地基準を満たしていることを証明するための手順

〈原産地基準〉…以下3類型があります。

完全生産品 1つの国で生産が完結する産品(自然から得られたもの等)
原産品である材料のみから生産される産品 その国の原産材料のみで生産される産品(加工食品等)
実質的変更基準を満たす産品 非原産材料を使用して当該締約国で生産される産品(鉱工業品や繊維製品等)

〈実質的変更基準〉…以下3つがあります。

関税番号変更基準(CTC) 使用する非原産材料・部品について、関税番号での「桁数の変更」ルールを満たせば、生産される産品は原産品である
付加価値基準(VA) 生産・加工等に伴い形成された付加価値が一定の基準値を超えた場合に、当該産品に原産資格を付与する方法
加工工程基準(SP) 特定の生産・加工工程が実施された場合に、当該産品への原産資格を付与する方法

CTC:Change in Tariff Classification  VA:Value Added  SP:Specific Process

わが国のFTA原産地規則

わが国のFTA原産地規則

原産地規則ケーススタディ

原産地規則ケーススタディ

特定原産地証明書 Click

原産地規則に照らして原産資格があると判断された場合、特定原産地証明書により、その資格を輸入国税関に証明する必要があります。

特定原産地証明書の発給申請に関する手続きは以下の手続きになります。

輸出国 ①企業登録 指定発効機関(日本では商工会議所)への企業登録
②原産品の判定依頼 指定発効機関に産品が原産品と認められるかの審査を依頼
③原産地証明書の発給申請 「特定原産地証明書」の発給申請
④原産地証明書の送付 「特定原産地証明書」を取得し、輸入者へ送付する
輸入国 ⑤原産地証明書の申告 輸入者が税関に輸入申告する(「特定原産地証明書」の提出)
⑥減免された税率の適用 減免された関税率の適用

特定原産地証明書の発給手続き

特定原産地証明書の発給手続き

FTA関税を調べてみる Click

各国(税関)で輸入や輸出の際に課される税を関税 といいます。主に輸入国が課す輸入関税のことをさすことが多く、商品によっては大きなウェートを占める場合もあり、取り扱い商品の関税率を確認することは輸出入取り引きの基本です。

世界各国の関税率を調べる方法は、各国(175カ国)の関税率が無料で検索できるデータベースWorldTariff、世界各国の関税率表、各国税関などのウェブサイトなどがあります。

【WorldTariffでFTA関税を調べる】

からWorldTariffの関税率情報データベース検索サイトへのアクセスが可能です(日本の居住者はどなたでも無料で利用できます)。

WorldTariffは米国FedEx Trade Networks社が提供している世界の関税率情報データベースです。
世界175カ国を収録しており、品目別の関税率(MFN税率(通常適用税率)、原産地国別の最低適用税率)と輸入時にかかる諸税(付加価値税・売上税・酒税など国により異なる)を調べることができます。英語表記で注記や脚注のフォームが統一されており、同一商品の各国の関税率を比較する(同時比較は3カ国まで)ことが可能です。日本から各国へ輸出する際の輸入国側関税率だけでなく、タイから中国へなど外国間の輸入関税率が調べられます。検索方法は品目分類(HS)番号と英語の商品名の2種類が用意されています。

達人と助手犬

FTA税率適用効果のケーススタディ Click

FTA適用効果について、もう少し現実のサプライチェーンに即したケースで見てみましょう。以下のようなサプライチェーンモデルを仮定して、FTA効果の違いを学習してみましょう。

サプライチェーンモデル(ベースケース X)
・部材は日本、マレーシア、フィリピン、中国で製造
・製品のアセンブリはタイで行う
・完成品をベトナムで販売する

このサプライチェーンモデル(ベースケース X)で適用するFTAシナリオを2つ設定しました。
日本とASEANのFTA(AJCEP)を主体とするシナリオの“シナリオA”と、ASEANのFTA(AFTA)を主体とするシナリオの“シナリオB”です。
この2つのシナリオによるコスト比較により、適用するFTAの選択が企業のコスト構造にどのような影響を与えるかについて考えてみてください。

シナリオA
・日本とASEANのFTA(AJCEP)の活用を主体で
考えるもの
・中国からのタイへの輸出は、中国とASEANの
FTA(ACFTA)を活用
シナリオB
・ASEANのFTA(AFTA)の活用を主体で考える
もの
・日本からのタイへの輸出は、日本とタイの
FTA(JTEPA)を活用
・中国からのタイへの輸出は、中国とASEANの
FTA(ACFTA)を活用

FTA税率適用効果のケーススタディ

FTA税率適用効果のケーススタディ

Source: 嶋 正和氏資料

(→次へつづく)

FTA税率適用効果のケーススタディ(続き) Click

(→前項からのつづき)

サプライチェーンモデル(ベースケース X)で2つのFTA適用シナリオ(AとB)別のコストについて比較して見ましょう。

さて、コストはどう変わるのでしょうか。コストシュミレーション結果の一例を示したのが下の図です。
同じ部材を使って同じものを作ってもコストが違ってきます。シナリオBにおいては、現状コストの約15%が削減できています。関税によるコスト削減の効果を実感できるのではないでしょうか。

適用するFTAをうまく使えるようになる事がコスト削減の近道。

(シュミレーションは、実際に使用する部材や製品の関税により様々な結果になります)
(関税削減効果を理解し易くするために部材費やアセンブリ付加価値はどれも同じにしてあります)

FTA税率適用効果のケーススタディ(続き)

FTA税率適用効果のケーススタディ(続き)

Source: 嶋 正和氏資料

TPPが採用する完全累積制度 Click

TPP協定においては、複数の締約国において、付加価値・加工工程の足し上げ(累積)を行い、原産地を判断する「完全累積制度」(ACU:Accumulation)が採用される予定です。

この制度を活用することで、企業がサプライチェーン設計の自由度を飛躍的に高めることができます。生産工程が複数国にまたがってもTPP参加12カ国内で生産された物品は「メイドインTPP」と見なされ、関税優遇を受けられます。商品がどの国で作られたかを特定する「原産地規則」と呼ばれるルールにおいて「完全累積制度」が実現するからです。商品の生い立ちが細かく問われる煩わしさから解放され、部品の供給網が広がれば、優れた加工技術を持つ日本企業の輸出競争力は一層高まると言えます。

TPPのポイント1「累積制度」

TPPが採用する完全累積制度

TPPが採用する完全累積制度

TPPが採用する自己証明 Click

日本のFTAは「第三者証明制度」と言われ、日本から産品を輸出する場合は、日本商工会議所に原産性の判断を受けた上で輸出の都度、原産地証明書の発給を受けるという手続きを取っています。

しかし、TPPでは生産者や輸出者、または輸入者自らが原産確認、証明書作成・申告する事ができる「自己証明制度」が適用される予定です。そのため今までのような貿易手続き改善が期待できる一方、輸入国税関側からの問合せ照会に対応できる体制構築が企業に求められます。さらに原産性判断書類の保管を含め、コンプライアンス対応などの社内管理体制を十分にする必要があります。

TPPのポイント2「自己証明」

〈第三者証明制度〉

輸出者や生産者が輸出国発給当局(あるいはその指定機関)に申請し、原産地証明書を取得、それを輸入者に送付し、輸入者が輸入国税関にその原産地証明書を提出することで、原産品であることを証明する制度です。

〈自己証明制度〉

貨物の輸入者、輸出者または生産者自らが、原産品申告書を作成し、輸入者が輸入国税関にその原産品申告書を提出することにより、原産品であることを申告する制度です。

日本のFTAの多くが採用する第三者証明とTPPが採用する自己証明

日本のFTAの多くが採用する第三者証明とTPPが採用する自己証明

まとめ:FTA適用は一日にして成らず Click

TPP/FTAは、物品市場アクセスすなわち物品貿易の自由化(関税の撤廃・削減)が進みます。また、新興国への投資促進や知的財産や競争政策等の調和といった面で企業業績向上に資するものは大きいと言えます。

しかし、このようなTPP/FTAのメリットは自動的に享受できるわけではありません。

企業として理解すべきは、「FTAの戦略的な価値」、「FTAルールの理解」、「業務プロセスと体制の確立」、「サプライチェーンの再検討」などです。これらの課題の正確な理解なしに、TPP/FTAのメリットを享受する事はできません。

さらに、TPPでは「完全累積制度」や「自己証明制度」など新しいルールへの対応が必要になります。外部の専門家(FTAコンサルやサプライチェーンベンダー等)のサポートも視野に入れた、TPP/FTA対応のロードマップ作りが急務だと考えます。

FTA適用は一日にしてならず

FTA適用は一日にしてならず

TPP/FTA適用のメリットは自動的に享受できるわけではないのじゃよ。
2016年、今から準備を始めるべきじゃな。

達人と助手犬

~関連ソリューション~

原価ソリューション / (株)Dunyaturuソリューションズ

コストマネジメントソリューション

グローバル製造業の収益向上と価値創出を支援 / (株)Dunyaturuソリューションズ

製造業向けトータルソリューション

輸出管理 / (株)Dunyaturuソリューションズ

安全保障貿易管理ソリューション [旧名称:Trade Trust Partner]

サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得

メガFTAの入り口メガFTAの入り口

インダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machinesインダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machines

『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』続:IoT 先行企業の狙いを見極める。~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~

IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」

グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク 嶋 正和氏グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク

LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向 伊藤 敏憲氏LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向

世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否 押田 努氏世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否

動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~ 伊藤 敏憲氏動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~

FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革 嶋 正和氏FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革

IoT 先行企業の狙いを見極める。 鍋野 敬一郎氏IoT 先行企業の狙いを見極める。

自動車産業の未来と課題 鶴原 吉郎氏自動車産業の未来と課題

BPMで、確実に効果を生み出す極意 大川原 文明氏BPMで、確実に効果を生み出す極意

グローバル経営を支える見える化の情報基盤 浅利 浩一氏グローバル経営を支える見える化の情報基盤

社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう 森信 茂樹氏社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう

流通マーケット最前線2 流通ニュース編集部流通マーケット最前線2

新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略 朴 英元氏新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略

顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略 鍋野 敬一郎氏顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略

情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力 浅利 浩一氏情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力

コンシューマライゼーションの大きな波 株式会社フロンティアワン ソーシャルメディア研究チームコンシューマライゼーションの大きな波

ビッグデータと企業情報システム 牧野 二郎氏ビッグデータと企業情報システム

『コンサルタントの道具箱』 鍋野 敬一郎氏コンサルタントの道具箱

グローバル連結経営管理を考える 中澤 進氏グローバル連結経営管理を考える

グローバル製造業のための勝てるコストを作り込む「攻めの生産管理」

教えて!業務の達人

ビッグデータ特集

【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!

PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~

企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤

Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)

ビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出するビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出する

<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策

IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~

音声合成システムを活用する企業が成功している理由音声合成システムを活用する企業が成功している理由

オムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革するオムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革する

「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする

売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス

SCMの要、需給調整業務の高度化SCMの要、需給調整業務の高度化

グローバル展開を支える情報システムグローバル展開を支える情報システム

『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ

グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムグローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システム

【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~

複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する

企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み

SCM改善活動を通した在庫適正化への取組みSCM改善活動を通した在庫適正化への取組み

業務へのスマートデバイス有効活用業務へのスマートデバイス有効活用

本サイトは2015年1月1日以前に公開されたもののため、旧社名で表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て新体制にて引き続き提供しております。製品に関するご不明点等・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【旧社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・ビジネス/(株)Dunyaturuソリューションズ・ネクサス → 【新社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・クリエイト

ページの先頭へ