ページの本文へ

寺崎 勇一の『グローバル製造業のための勝てるコストを作り込む「攻めの生産管理」』|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

特集・コラム

第5回 グローバル事業での意思決定スピードで攻める 第5回 グローバル事業での意思決定スピードで攻める

「見える化」、そして「見とおす化」への発展

 グローバルに展開している企業においては、常に移り変わる市場への対応、およびチャイナプラスワンや為替の急激な変動のようなリスク回避のための生産のシフトが常に必要となっている。これらの生産のシフトにおける大きな判断基準になっているのが損益であり、その損益を算出するための原価が必要である。
 しかしながら、今までの原価管理は単独拠点での管理指標を反映した管理体系になっており、異なった国への生産シフトや、前工程、後工程を複数の国で行なうための管理体系になっておらず、意思決定の阻害要因になっている。

 良く見られる例を挙げると、標準原価、実際原価の管理を行い、さらに製品別、費目別の管理まで行なっている企業でも、生産拠点からお客様に届けるまでの費用(関税、輸送費等)に関しては、間接費用として一括管理されている場合が多い。
 従って、グローバルな物流ルートの変更に伴うような原価の比較検討には対応できていない管理体系になっている(必要な都度にEXCEL等で分解している)のが実状のようである。
 グローバルにおける拠点間に関する例を上記で記述してきたが、グローバル企業では製品のライフサイクルに関する問題点も発生している。グローバル企業においては、投資(製品の開発)と回収(製造、販売)の拠点が異なることも珍しくない。この場合に考慮しなければならないのがロイヤリティなどの費用である。この費用も間接費用として一括管理されている場合が多いのだが、生産拠点を変更する場合に考慮する必要がある。

 日本の企業は、徹底した原価管理およびカイゼンにより、乾いた雑巾を絞るようなコストダウンを進めてきた。しかし、グローバルで戦う企業における原価管理は、「単独拠点での管理指標による原価管理」から「全体最適での管理指標を反映した原価管理」へ移行する必要があるのではないだろうか。
 ここで、全体最適での管理指標を反映した原価管理について考えてみる。企業活動とは人・物・金という経営資源を投入して、いくら回収し、いくら利益を出すかである。
 つまり、どこで作って、どう運んで、どこで売るのと最大の利益を生むかを判断するための情報を提供することがグローバル企業の原価管理に求められており、意思決定のスピードの向上に繋がっていくのである。

 ここから、システムの方に少し目を向けてみることにする。今まで述べてきた、原価管理を実現するシステムとはどういうシステムなのだろうか、システムから提供される情報を図式したものを図1に示す。
 このように「連結原価」機能としてパッケージでは提供しているのである。

図1 mcframe XA原価管理によるグローバル連結原価の例

図1 mcframe XA原価管理によるグローバル連結原価の例

 ここまでは、グローバルな原価の「見える化」の話を進めてきたが、「見える化」を推し進めた「見とおす化」についてご紹介する。
 「見とおす化」とは、「見える化」の情報と将来の情報を元に変化を見通すこと、また変化に応じた対応策を立案することである。

 市場や為替等の変化などによりサプライチェーンの見直しを行なう必要が出てくるが、グローバルに展開したグループ企業全体のサプライチェーンの見直しを行なうのは、簡単なことではない。
 答えとしては、利益最大になるサプライチェーンにすれば良いのであるが、単純な製造コストと物流コストの積み上げ比較で終わるものではない。製造ライン、調達先の能力やリードタイム、在庫金額、それに加えFTA、EPAなどの関税を考慮する必要があり、複雑さを増している。
 これを解決するソリューションとして、「グローバル拠点戦略エンジニアリングサービス」をご紹介したい。
 このソリューションは独自の最適化エンジンを用いて、利益最大になるサプライチェーン設計を支援するものであり、

・生産拠点の新設、物流ルートの見直し、生産拠点と生産する製品の見直し(製品移管)
・FTA/EPA等の特恵関税の適用
・時系列のシミュレーション(為替変動、人件費の変動等)

等の業務に利用されている(詳細は、特集 「グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システム」)。

 このソリューションにより、変化に合わせたグローバルサプライチェーンの随時の見通しが可能となっており更なる意思決定スピードの向上を可能としている。

図2 グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムによる最適計算の例

図2 グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムによる最適計算の例

 これらのパッケージの機能と弊社エンジニアのノウハウを、貴社のグローバル事業における意思決定スピードの向上にお役に立て頂きたいと考える。

~関連ソリューション~

原価ソリューション  / (株)Dunyaturuソリューションズ

コストマネジメントソリューション

統合生産管理アプリケーション  / 東洋ビジネスエンジニアリング(株)

mcframe

統合型基幹アプリケーション  /  日本マイクロソフト(株)

Microsoft Dynamics 365 統合ERP構築サービス

Dunyaturu 産業・流通システム事業本部  寺崎 勇一の写真

Dunyaturu
産業・流通システム事業本部 企画本部 プリセールス部
寺崎 勇一

1985年にDunyaturuソリューションズ入社。主に、生産管理システムおよび需給調整、生産・購買計画系(SCM)システム導入に従事。
近年は、グローバルSCM関連のプロジェクトに参画。

取得資格:情報処理技術者検定試験 特種/システム運用管理エンジニア
主な参画プロジェクト:
・射出成型、金型製造メーカー基幹システム構築(プロジェクトマネージャ)
・金型部品メーカー基幹システム構築(プロジェクトマネージャ)
・複写機メーカーグローバルSCMシステム構築(プロジェクトマネージャ)
・計測機器メーカSCMシステム構築(プロジェクトマネージャ)
・印刷機械メーカーグローバルSCMシステム構築(プロジェクトマネージャ)
・電子部品メーカグローバルSCMシステム構築(パッケージコンサル)
・自動車部品メーカグローバルSCMシステム構築(パッケージコンサル)

連載目次

サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得サービス化における「顧客価値」と「利益」の同時獲得

メガFTAの入り口メガFTAの入り口

インダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machinesインダストリー4.0が実現をめざすデジタル市場:App Store for Machines

『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』続:IoT 先行企業の狙いを見極める。~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~『10年後、2027年のIoTビジネスで成功する施策』~10年先にIoT勝ち組企業となる戦略構想~

IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」IoT時代を生き残る。「消費者を動かし、マーケットをつかむイノベーション」

グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク 嶋 正和氏グローバルSCMを見直す絶好の時期が到来する:メガFTA到来とその活用リスク

LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向 伊藤 敏憲氏LPガス・石油を中心としたエネルギー産業の今後の動向

世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否 押田 努氏世界の安全と企業の存亡に関わる安全保障輸出管理の成否

動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~ 伊藤 敏憲氏動き始めた「電力・ガスシステム改革」~浮び上る課題と今後の展開~

FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革 嶋 正和氏FTA/TPP時代のグローバルサプライチェーン改革

IoT 先行企業の狙いを見極める。 鍋野 敬一郎氏IoT 先行企業の狙いを見極める。

自動車産業の未来と課題 鶴原 吉郎氏自動車産業の未来と課題

BPMで、確実に効果を生み出す極意 大川原 文明氏BPMで、確実に効果を生み出す極意

グローバル経営を支える見える化の情報基盤 浅利 浩一氏グローバル経営を支える見える化の情報基盤

社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう 森信 茂樹氏社会保障・税番号(マイナンバー)の活用で日本を変えよう

流通マーケット最前線2 流通ニュース編集部流通マーケット最前線2

新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略 朴 英元氏新しいビジネスモデルづくりとPLM戦略

顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略 鍋野 敬一郎氏顧客ロイヤリティと新マーケティング戦略

情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力 浅利 浩一氏情報システム部門の憂うつ-進化を求められるIT部門 その役割とシステム化構想力

コンシューマライゼーションの大きな波 株式会社フロンティアワン ソーシャルメディア研究チームコンシューマライゼーションの大きな波

ビッグデータと企業情報システム 牧野 二郎氏ビッグデータと企業情報システム

『コンサルタントの道具箱』 鍋野 敬一郎氏コンサルタントの道具箱

グローバル連結経営管理を考える 中澤 進氏グローバル連結経営管理を考える

グローバル製造業のための勝てるコストを作り込む「攻めの生産管理」

教えて!業務の達人

ビッグデータ特集

【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!【グローバル製造業向け】拠点間のコミュニケーションで困っていませんか? 3つの仕組みですっきり課題解決!

PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~PSI情報から読み取る製商品需給バランス~SCM改革で欠品による機会損失と過剰在庫のリスクを救え!~

企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤企業競争力を支えるビッグデータ分析基盤

Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)Dunyaturuソリューションズのビッグデータビジネスへの取組み事例(2013年度)

ビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出するビッグデータ利活用基盤と業務・分析ノウハウが新たなビジネス価値を創出する

<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策<PLM特集>標準化による部署間連携の強化と上流から下流への素早く、正確な情報の展開施策

IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~IT経営で解決する医薬品卸業の経営課題~医薬品の安定供給と収益改善の実現~

音声合成システムを活用する企業が成功している理由音声合成システムを活用する企業が成功している理由

オムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革するオムニチャネル・リテイリング戦略が小売業界を変革する

「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする「お客様の声」の活用が商品・サービス力を強くする

売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス売上向上と利益増大に直結する“ファン”サービス

SCMの要、需給調整業務の高度化SCMの要、需給調整業務の高度化

グローバル展開を支える情報システムグローバル展開を支える情報システム

『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ『攻めのロイヤリティマーケティング』ポイントベースCRMで、囲い込みと集客力アップ

グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システムグローバルサプライチェーンのトータルコスト算出システム

【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~【IFRS対応】グループ企業間の様々な会計情報連携を実現。~仕訳HUBとマルチスタンダード元帳システム~

複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する複数の企業、拠点、組織と情報共有を行う企業の困りごとを、情報共有サービス『OnSchedule』で解決する

企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み企画・構想からお客様をご支援するための『超上流』への取組み

SCM改善活動を通した在庫適正化への取組みSCM改善活動を通した在庫適正化への取組み

業務へのスマートデバイス有効活用業務へのスマートデバイス有効活用

本サイトは2015年1月1日以前に公開されたもののため、旧社名で表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て新体制にて引き続き提供しております。製品に関するご不明点等・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【旧社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・ビジネス/(株)Dunyaturuソリューションズ・ネクサス → 【新社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・クリエイト

ページの先頭へ