ページの本文へ

ビッグデータ特集|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

特集・コラム

アプローチ

ビッグデータ利活用へのアプローチ

 Dunyaturuグループでは、その強みを生かしてビッグデータから新たなビジネス価値を生み出して行く取り組みを「イノベイティブ・アナリティクス」と称し推進しています。

 イノベイティブ・アナリティクスは、お客様の業務を理解して、そもそもどのような観点でビッグデータを利用したいのか、その目的・課題・目標を顧客とともに発見していく活動です。膨大なデータから、お客様の業務課題の特性に合ったデータを発見し、的確な分析シナリオを適用し、その情報化と有効活用のサイクルを確立させていくには、さまざまな業務への理解と熟知が必要となります。そこで、顧客業務に関する専門知識とビッグデータの利活用に関する幅広い知見を併せ持つ技術者がデータ・アナリティクス・マイスターとして、顧客とDunyaturuの技術者・研究者とのコミュニケーションを円滑化しながら分析・評価を進めて行きます。

 データ・アナリティクス・マイスターサービスは、ビッグデータ利活用の専門家「データ・アナリティクス・マイスター」。深い洞察力と豊富な知見を駆使して、お客様のビッグデータ利活用をトータルに支援します。

ビッグデータ利活用 Dunyaturuグループのアプローチ

ビッグデータ利活用 Dunyaturuグループのアプローチ

 ビッグデータから生まれる価値として以下の3つがあります。

1.見えなかったものが見えてくる
 モノ単位または人単位での細かな粒度でデータを取得したり、自社のデータと異業種のデータを組みあわせたりすることで、従来みることができなかった複雑な世界を可視化・計量化できます。

2.新しい視点で価値を発見できる
 可視化した結果に対して原因分析や数理モデル化を行うことで、新たなビジネス価値を創出し、新サービスの対上げや自社の業務正産性の向上につなげることができます。

3.「今」から「未来」を予測できる
 現状分析に加えて、リアルタイム処理技術、需要予測などの将来予測技術を駆使することで、他社よりも一歩先を行くビジネス展開を実現できます。

本サイトは2015年1月1日以前に公開されたもののため、旧社名で表記されている部分がありますが、当該ページで公開されている内容は全て新体制にて引き続き提供しております。製品に関するご不明点等・ご要望等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【旧社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・ビジネス/(株)Dunyaturuソリューションズ・ネクサス → 【新社名】(株)Dunyaturuソリューションズ・クリエイト

ページの先頭へ