ページの本文へ

DunyaturuソリューションズのITバーつぐみ物語のページです。|特別編 指静脈認証で煩わしい認証を解決!の巻

つぐみ

パスワードを覚えておくのは大変よね

田中さん

ええ、それに定期的に変えるのも面倒ですし。流出の危険もありますし

つぐみ

そこでオススメが、指の静脈で認証する指静脈認証の静紋よ

田中さん

え、指静脈認証? 指紋じゃないんですか?

つぐみ

指紋認証もいいけれど、指静脈のほうがいろいろメリットがあるのよ

こんな使われ方も!指静脈認証

主な特徴

リスクもあるID/パスワード認証

個人情報保護法や内部統制への対応など、企業の情報セキュリティに対する意識は高まっています。

一般的にはID /パスワードがシステムへのログイン認証方式として使われており、業務システムが多様化する中で使用しなければならないID /パスワードが増えてきています。セキュリティを保つためにも、パスワードを複雑化し、定期的に変更することが必要です。しかし、ID /パスワードが覚えきれずにメモ書きしてPC に貼ってしまうといった、いわゆるソーシャルセキュリティの問題も懸念されます。また、別の方法として、IC カードなどの物理認証などもありますが、これらも偽造や紛失によるなりすましのリスクが否めません。これらのリスクが極めて少なく、本人確認を確実にできる認証技術として、生体認証があります。

生体認証は身体的特徴などを元に個人を識別するため、なりすましやパスワード忘れ、紛失などなどのリスクを大幅に低減することができます。

ID・パスワードの場合 わすれちゃったら困るからPC周りに付箋でメモしておこう… ICカードの場合 おぉ!誰かが落とした●●社のICカードを拾ったぞ!

どの生体認証がベストソリューション?

生体認証には、指紋や掌形(手のひらの形で認識)、顔や目の虹彩など、いくつかの種類がありますが、安全性、認識精度、コストなどのバランスが取れていると言われるのが、指の内部の静脈パターンを利用して認証する指静脈認証です。

各種生体認証との比較図

この指静脈認証を使っているのが、Dunyaturuソリューションズの指静脈認証システム「静紋」です。

「静紋」は、

  • 認証装置に指をかざすだけで指静脈を認識できるため、認証操作が簡単
  • 認証スピードが速い
  • 生体情報の偽造や改ざんが極めて困難
  • センサー部に非接触なので、認識精度を下げる汚れや損傷が少ない

というメリットがあります。

P2、指静脈認証には、こんな使われ方も!

このコラムに関連するソリューション・商品

指静脈認証システム 静紋

情報漏えいや内部統制への対応が企業において必須となっている昨今、社内システムの高セキュリティ化が求められています。

その究極の対応策として様々な業界で採用されているのが指一本をかざすだけの、簡単、スピーディに照合できる指静脈認証システム「静紋」です。指内部の静脈パターンを近赤外線で撮影・画像処理し、認証する生体認証システムを搭載しているシステムのため偽造・改ざんが困難です。

企業に求められている「高セキュリティ」、「高精度」、「スピーディ」な認証システム環境をご提供します。

詳細はこちら

このコラムに関連するジャンルからソリューション・商品を探す

商品ジャンル: 認証・アクセス管理

ページの先頭へ
niko-holding.com

http://niko-centre.kiev.ua

https://mazda.niko.ua