2ページ目|第2回 日々に集中するための目標設定トレーニング|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

田中ウルヴェ京のビジネスパフォーマンス向上! メンタルトレーニング実践講座

第2回 日々に集中するための目標設定トレーニング

前のページへ 1 2 3 次のページへ
  1. 自分の担っている「役割」を書き出す
    ex.父親、夫、息子、○○の社員、地域の役員、□□の親友
  2. 役割ごとに「やるべきこと」を思いつくまますべて書き出す
    ex.父親として:子どもに誕生日のプレゼントを用意する
    ○○の社員として:プロジェクトの企画書を明日までに書き上げる
  3. 役割ごとに「やりたいこと」を思いつくまますべて書き出す
    ex.□□の親友として:ダイビングを一緒に習いはじめ、一緒に旅行する
    ○○の社員として:新しい企画を考え、成功させる
  4. 2と3を重要度に応じて、それぞれ並び替える
    実現可能性にとらわれることなく、シンプルに重要度に応じて並べ替えてください。

以上を週に1回以上、リラックスしている時間帯に行ってください。寝る前でもいいですし、帰宅の電車の中でもいいでしょう。私は、土曜日の夜にのんびりと「来週やりたいこと」を考えながら、PDAを使ってやっています。そして、「やるべきことが増えてきたなあ」とか、「そろそろやりたいことをやらないとハッピーではないなあ」というように、客観的に目標と達成状況をながめていくわけです。

この「書き出す」ことが、実は単純なようでいて重要な意味を持ちます。企業の研修などで行ってみても、「こんなにやりたいことがないのか!」とか、「忙しいと思っていたけれど、やらなくてはならないことは実はこんなに少ない」とか、自分が気づいていなかったことに気づかされる人が本当に多い。また、グルーピングしてみると、まとめてもっと効率的に行う方法を考えるきっかけになるかもしれません。この繰り返しが、客観的に現在の自分を見つめる「自己認識能力」を高めていくわけです。

そして、書き終わったら、ぜひToDoリストとして活用しましょう。紙でもPDAでも、行ったことはしっかり線を引いて消していきます。この達成感が重要なんです。簡単すぎてだまされているみたいでしょう(笑)。しかし、こうした小さな達成感がタイムマネジメントの楽しさの強化になり、「やれている感」すなわち自己管理の達成が実感できるようになります。そうなれば、しめたもの! ぜひ、継続して行ってみてください。気がついたときには、大きな目標に対しても自己と時間を管理して実現できるようになっていくはずです。

こうした時間管理・自己管理のトレーニングを続ける上で陥りがちなのが、「マネジメントが目的になってしまうこと」。つまり、マネジメントによる達成感が得られることに邁進してしまい、誰にとっても究極の目的であるはずの「人生を豊かにすること」を忘れてしまうことです。こうした事態に陥らないためには、自分のプライオリティを明確に認識し、実際にそれを優先させることです。

イギリスでは有名な説話らしいのですが、ある先生にうかがったお話です。とても印象に残っているのでご紹介しましょう。

あなたの目の前にガラスの花瓶があります。
そして、その中に入れるべき大小の石と砂があります。
大きい石は、あなたの最も大切なもの。
小さい石は、その次に大切なもの。
そして、砂は日常のこまごまとした雑事。

人はついうっかり、日常の雑事を優先させてしまいます。
花瓶の中を砂と小石を入れ、いっぱいにしてしまうかのように。
そうしたら、最も大切なものであるはずの、大きい石はもう入りません。

そんなことのないように、まずは花瓶には大きな石を入れましょう。
それだけで、あなたは十分幸せに生きていけるはず。
でも、見てください。すきまには小石が、さらに砂だって入ります。
もういっぱい? いやいや、ほら、水ならまだ入ります。
ちょっと見方を変えれば、ビールの一杯を楽しむ余裕くらいあるはずです。

どうでしょう。思い当たることはありませんか。砂ばかりの花瓶にならないためには、「やりたいこと」「やるべきこと」の順位付けを考えるたびに、「大きな石はどれ?」と繰り返し自らに問い、内省することです。愛している人が周りにいる、健康である、そうしたことは重要であるにも関わらず、忘れてしまいがち。ついつい、何時までに何をしなくてはというような、雑事を優先させがちです。

砂でも十分花瓶はいっぱいになります。でも、大きな石の入った花瓶と比べて、どれだけ満たされた思いがするでしょう。さあ、あなたの花瓶には何が入っていますか?

前のページへ次のページへ
前のページへ 1 2 3 次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

https://uniti.ua

http://agroxy.com

https://tokyozakka.com.ua