平成の世にサムライを探して|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

平成の世にサムライを探して 

【平成の世にサムライを探して】第149回 木版画彫師 関岡裕介「匠の分業によって生まれる『共作のアート』」

高度な木版画の技術を使った江戸時代の最先端の印刷物であった浮世絵は、のちに日本独自の優れたアートと見なされるようになり、現在も世界中の人々を魅了している。浮世絵の版木を彫る彫師であり、荒川区登録無形文化財保持者である関岡裕介氏は、江戸から続く伝統の技を小刀に託し、今日の「浮世」を彫り続けている。
■これまでのサムライ

【平成の世にサムライを探して】第148回 天文学者・東京大学大学院理学系研究科 教授 田村元秀「地球外生命は、果たして存在するのか── 天文学の観測的・理論的な方法を駆使し宇宙に生命の可能性を探る」

【平成の世にサムライを探して】第147回 長兼丸船主/深海魚ハンター 長谷川久志「「焼津の深海おじさん」が語る深海漁の魅力とは── 子どもたちに夢を与え続けられる深海漁師でいたい」

【平成の世にサムライを探して】第146回 江戸木彫刻師 北澤一京「「木の中に埋まっているもの」を彫り出す技の神髄」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。