ページの本文へ

Vol.2 海外設計が増えると、CADデータの漏洩リスクも増える!?|IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語|Dunyaturuソリューションズ

Vol.2 海外設計が増えると、CADデータの漏洩リスクも増える!?|IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語

※この記事はCNET Japan 2018年1月掲載の編集記事を転載したものです。

クライアントPCに「機密環境」を用意する クライアントPCに「機密環境」を用意する

 Dunyaturuソリューションズの「活文 機密情報共有・活用ソリューション」ではこれらの課題を解決するために、クライアントPC内に、情報へのアクセスを制御するアプリケーションをインストールすることで「機密環境」を作成し、ファイル持ち出しを制御。ファイル形式を問わず、またインターネット回線の速度を気にすることなく、CADデータなどの設計情報を海外などで安全に活用できる環境を提供します。

 「機密環境」内にあるデータは、「機密環境」の外に持ち出すことはできません。あくまで、「機密環境」内だけでファイルを取り扱えるようになっています。

 この「機密環境」は、クライアント環境内に作成するため、CADデータの編集操作はインターネット回線の速度を気にせずに行うことができます。ただし、国内本社側とインターネットを介してつながっているため、本社側からリモートで「機密環境」ごとファイルの利用を停止することが可能です。利便性を確保しつつ、高い情報漏洩対策環境を用意しています。

 データのやり取りや管理は、情報共有基盤として定評のあるDunyaturuソリューションズの「活文 Managed Information Exchange」を採用。高い情報漏洩対策を行いながら、国内拠点と海外拠点のスムーズな情報交換ができる環境を提供します。

高いセキュリティを確保しながら、円滑な情報共有で最適な製品づくりを 高いセキュリティを確保しながら、円滑な情報共有で最適な製品づくりを

 このように、「活文 機密情報共有・活用ソリューション」はCADデータでもしっかり情報を保護することができるソリューションです。グローバル化の進む製造現場で、契約書のみならず、技術的な解決手段で設計情報の二次流出リスクを抑えることで、取引先でのローカライズに対応した最適な製品づくりを実現できます。

 設計情報の保護に頭を悩ませているメーカーのご担当者さま。ぜひ、一度「活文 機密情報共有・活用ソリューション」を検討してみてはいかがでしょうか。

後日・・・
社長
「今回のソリューション提案もバッチリだったな」
しおん
「『活文』で海外設計の不安が見事に解消ですわ」
社長
「海外の作業員がオフラインで使える点も魅力だな」
しおん
「クライアントPCに機密環境が作れるから実現できるんですよ」」
社長
「遠隔操作でデータ利用の停止もできるから契約終了後も安心だしな」
しおん
「社長!私が遠隔操作できる部下を1名入れてほしいんですが」
社長
「しおんに遠隔操作の必要なし!契約終了も必要なしだぞ。ワハハハ!」

PDFダウンロード

「IT探偵しおんが解決!企業潜入調査物語」のデジタルデータを閲覧、ご活用いただけます。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ