ページの本文へ

会食編 ① 準備と心得の2ページ目|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

デキると思わせる How to 接待術!「会食編 ① 準備と心得」デキると思わせる How to 接待術!「会食編 ① 準備と心得」

Chapter02最終確認のために、当日は30分前に到着

会場となる店を会社でよく利用していたり、自分でも行ったことのある場所なら問題はありませんが、まったく初めての場所なら、自腹を切ってでも事前に利用しておくと、安心して当日を迎えることができます。また相手の会社から店までのスムーズなルートを下調べしておきましょう。最近では、メールで地図だけを送れば完了と考える人も多いようですが、相手のことを思いやる気持ちを持って、実際に自分が歩いて見つけた目印を伝えるておくと、より親切です。店が少しわかりにくい場所にあるときは、「△△を右に曲がってください」というような体験に基づいた情報があるだけで、道に迷う確率も低くなるからです。

参加者の選定、場所、時間が決定したら、遅くても前日までに「○月○日は、よろしくお願いいたします」と一報を入れます。相手が出張などに行っている可能性もあるので、2~3日前に連絡を入れておくのが無難です。

当日は、担当者は遅くても約束の時間の30分前には、店に着くようにします。そしてお店の方に、「今日は、◎◎◎様の接待なので、どうぞよろしくお願いします」と告げて、特別に頼まなければいけないことなどをお願いしておきます。例えば、ビールの銘柄に指定がある場合は、そのビールを必ず出してもらいましょう。それだけでなく、料理を下げるときも、ほかのテーブルで下げた物に他社メーカーのビールがあるときは、こちらに立ち寄らないようにしてもらうなどの注意点をあらかじめ伝えておく必要があります。事前リサーチによって、「食後に必ず薬を飲む」ことがわかっていれば、それも店の方に伝えておき、タイミングのいいときに水を出してもらうと良いでしょう。こうした細かい配慮は、相手方にも必ず伝わります。接待の成功の可否は、そんな詳しい事前リサーチや心遣いによって、大半が決まることを覚えておきましょう。

接待準備
チェックリスト
準備編
接待する相手を決定する。
日程・場所を決める。
相手の嗜好などをリサーチする。
会場を予約する
お店にも接待だと伝える。
参加者へ正式にご案内の連絡をする。
直前編
会場を下見し、ルートや店内を把握する。
前日までに再度先方へ連絡する。
日時・会場へのルートなど。
当日編
30分前までには、店に到着する。
お店の人に注意事項を伝える。
相手を見せの前で待ち、席までご案内する。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ
yujin.com.ua

agroxy.com/prodat/grechiha-132/hersonskaya-obl

topobzor.info/meizu-pro-6-plus/