ページの本文へ

CHAPTER 1 20代の睡眠事情を探る|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

眠気を撃退して、仕事の効率200%アップ!正しい睡眠マニュアル、教えます眠気を撃退して、仕事の効率200%アップ!正しい睡眠マニュアル、教えます

「毎朝だるくて起きるのがつらい」、「仕事中にどうしても眠くなってしまう」という人、いませんか? その症状は、もしかしたら睡眠の長さや質が関係しているのかもしれません。生活リズムを整えて、正しい睡眠法を実践すれば、睡眠に関する悩みもなくなり、より仕事に集中できるようになるはず。今回の先生は、スリープクリニック調布院長で、睡眠医療認定医の遠藤拓郎先生。仕事中の眠気撃退法や安眠のコツなど、睡眠と目覚めのアドバイスを伺います。

Chapter0120代の睡眠事情を探る

現代社会では、仕事や、資格取得のための勉強、飲み会、インターネットにDVD鑑賞……と、やることが多く、睡眠がおろそかになりがち。睡眠に関する悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。20代のビジネスパーソンがどんなことに悩んでいるか、アンケート調査で探ってみました。

Q1
平日の1日の睡眠時間は?
4~5時間:27% 6~7時間:65.1% 8時間~9時間:6.3% 2時間~3時間:1.1% 10時間以上;0.5
Q2
睡眠に関して何か悩みや問題はありますか?
はい:58% いいえ:42%
Q3
睡眠に関する悩みや問題がある人にお聞きします。睡眠に関する悩みや問題について、自分に当てはまるものはどちらですか?
a.どちらかというと、深く眠れない、寝付けないなど、「眠れない」のが悩み
b.どちらかというと、目覚めが悪い、日中に眠くなるなど、「眠い」のが悩み
a.眠れない:29% b.眠い:71%

まず、平日の睡眠時間を聞いたところ、「6時間〜7時間くらい」がトップで65.1%を占めました。ついで多かったのは「4時間〜5時間くらい」で27.0%。8時間以上寝ている人や、3時間以内しか寝ていない人は少数でした。
次に、「睡眠に関して何か悩みや問題はありますか?」と聞いたところ、58%が「はい」と回答。20代ビジネスパーソンの過半数が、睡眠に関して何らかの悩みを抱えているようです。
また、どちらかというと、深く眠れない、寝つけないなど、「眠れない」のが悩みか、目覚めが悪い、日中に眠くなるなど、「眠い」のが悩みかという問いに対しては、「眠いのが悩み」と答えた人が71%、眠れないのが悩みと答えた人が29%。20代では、不眠や寝付きが悪いなどの悩みよりも、目覚めが悪い、日中に眠くなるなど、「眠い」という問題、症状を抱える人が圧倒的に多いという結果になりました。

Q4
「眠いのが悩み」と答えた人にお聞きします。自分に当てはまるのはどちらのパターンですか?
a.寝起きが悪く、なかなか頭が目覚めない
b.朝は起きられるが、日中や仕事中に眠くなってしまう
a.目覚めない:50% b.午後眠くなる:50%
Q5
「眠れないのが悩み」と答えた人にお聞きします。うまく眠れない原因は何だと感じていますか?
睡眠の質に問題がある:60% 睡眠の長さに問題がある:7% 睡眠の質と長さに問題がある:19% そのほか:12%

さらに、「眠い」、「眠れない」というそれぞれの悩みについて、詳しく調査してみました。
まず「眠いのが悩み」と答えた人にa.「寝起きが悪く、なかなか頭が目覚めない」、b.「朝は起きられるが、日中や仕事中に眠くなってしまう」のうちどちらの症状に悩んでいるか聞いたところ、回答は半々に分かれました。一方、「眠れないのが悩み」と答えた人にその原因について聞いたところ、「睡眠の質に問題がある」と答えた人が6割を超える結果になっています。

睡眠Q&A20代にはなぜ「眠い」人が多いの?

若い人ほど「睡眠力」があるからです

遠藤先生によると、実際にスリープクリニックを訪れる20代の患者さんの多くが「眠くなる」症状を訴えるそうです。

「人間は疲れたとき眠くなるというイメージがありますが、実は眠るのにもエネルギーが必要。私はこれを"睡眠力"と呼んでいます。子供や若者ほど睡眠力があり、長い睡眠時間を必要とするので、20代の人が眠くなりやすいのは、ある程度しかたのないこと。年をとるにつれて、眠れない症状を訴える人が徐々に増えていきます」(遠藤先生)

teacher
遠藤拓郎先生写真
遠藤拓郎先生
Takurou Endou
プロフィール
東京慈恵会医科大学助手、北海道大学医学部講師を経て、2005年にスリープクリニック調布、2007年にスリープクリニック銀座、2009年にスリープクリニック青山を開院。現在調布院長。主な著作に、


などがある。
student
タカハシ写真
生徒のタカハシです。
毎日6〜7時間は寝ているのに、会議中などに眠くなることが……。睡眠の質を改善すれば眠気もなくなるかも……と今回の講座に期待しています。

※このページでご紹介している方法や商品の効果には個人差があります。
※このページでご紹介している方法や商品を試されている最中に、体調の異変や気分がすぐれないなどの症状が表われた場合には、ただちに使用をおやめ下さい。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

ページの先頭へ
poliv.ua

ka4alka-ua.com

https://biceps-ua.com