Chapter2 「習慣力」を身につけるための基本とは|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

「頑張らない習慣」があなたに変化をもたらす 「習慣力」で自分を変えていく

123456789

前編中編後編

Chapter2 「習慣力」を身につけるための基本とは

「習慣力」を身につけるための基本とは

突然ですが、今、このような感情を抱えている人はいないでしょうか?

  • ・将来への漫然とした不安や焦燥感を感じる。
  • ・仕事に対して、人生全体に対して、毎日やっていることにあまり納得感がない。
  • ・自分で自分を認めることができず、自己肯定感が低い。
  • ・自分の才能や能力の度合いが見えてきて、やっていることに限界を感じる。
  • ・頑張っているのに、成果が伸びない現実をなんとかしたい。
  • ・自分を取り巻く人間関係を何とかしたい。

これらの厳しい現状は、「たった1つの習慣」を身につけることで、根本的に打破することができるのです。 重要なのは「スイッチとなる行動を見つけ、それを習慣化する」それだけです。 そうすることで、あなたの生活を向上させるための他の良い習慣が連鎖するように身についていくはずです。

実はこのことは、海外の研究者による実験でも検証されており、私自身コーチングのセッション現場で何度も体験してきたことでもあります。 1つの習慣が身につくと、脳自体の構造が変わるのです。他の行動パターンの書き換えが行われるので、良い連鎖反応が次々に起こっていきます。

このスイッチとなる習慣は、人によって違います。「早起き」という人もいるし、「運動」という人もいます。大切なのは、あなたに合った習慣を見つけ、あなたらしく実践することなのです。

スイッチとなる習慣を身につけるポイントは3つです。

ポイント1 無理をしない、頑張り過ぎない

勉強や運動といった習慣を身につけたい場合、資格取得や痩せたいなどの目標があるはずです。しかし、いきなり高いレベルの目標を掲げてしまい、無理をして結局続かないというのは、多くの人が陥りがちな失敗です。 習慣化は「頑張りすぎない」ことが前提です。そのためには、自分に合った目標設定が必要となります。

ポイント2 「無意識」にやっているレベルをめざす

「自分らしいやり方」を見つける

意志が強くなければ習慣を身につけられないと考えている人は多いと思います。 早起き、運動、ダイエット……しかし、「無意識のうちにやっている」という状態になってしまえば、頑張ったり、我慢する必要はありません。

ポイント3 「自分らしいやり方」を見つける

ビジネス本などでよく「できるビジネスマンの習慣」などが紹介されていますが、ただそれを真似しただけでは、あなたのライフスタイルや性格に合わず結局三日坊主になってしまうのではないでしょうか。 必要なのは、あなたに合った「自分らしいやり方」を見つけ、習慣化していく事なのです。

それぞれの方法については、後のChapterで詳しく紹介していきます。まずは、習慣に対するネガティブなイメージを変えることから始めましょう。

続いては、「目的を見つけること」の重要性についてお話します。

前のページへ123456789次のページへ







公開日:2016年4月25日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

3d дизайн

купить Comanche Ontario Comp

www.steroid.in.ua