ページの本文へ

G空間社会はなにを変えるのか・Chapter6:G空間とロボットとの融合|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

G空間社会はなにを変えるのか・映画でみた「未来の暮らし」も実現する?

  • 前編
  • 中編
  • 後編

Chapter6G空間とロボットとの融合

G空間社会において位置・時刻の情報を活用するのは、人間だけではありません。ロボットもまた同じです。ロボット本体に搭載されたセンサーだけではなく、周囲のビーコンや衛星の観測データを使うことで、より優れた動作をすることが可能になるのです。

実用化が進む自動運転技術

大手自動車メーカーだけでなく、IT会社などさまざまな企業が開発を進めている技術が「自動運転」です。車載カメラやレーダーなどで周囲の地形、運転車両、自転車、歩行者を認識するだけでなく、カーナビゲーションシステムなどと連動することで、めまぐるしい進歩を遂げています。

例えばキャデラックは、アメリカ国内の自動車専用道に限り「レベル4」(高速道路など特定の状況で車両に運転を任せられる)の自動運転を提供する車両を2017年9月から販売しています。三次元の地形データや過去の運転データを衛星と通信することで、常に車線中央を走るスムーズな運転を可能にしています。

配車サービスを手がけるLyftは、2018年1月にラスベガスで実施した自動運転タクシーの実証実験を元に、一般向けの自動運転タクシーサービスを始めると発表しています。スタンフォード大学発の自動運転ベンチャー「Drive.ai」も、テキサス州フリスコ市で2018年7月から自動運転車を専用アプリで呼び出せる配車サービスの実証実験をスタートさせる計画です。

日本の交通事故総合分析センターによれば、アクセルとブレーキの踏み間違いといった操作ミスによる事故発生件数は、2013年で41,805件となっています。操作ミスの場合、死亡事故に繋がる確率が7割も増加し「操作不適事故は重大な事故に繋がりやすい」と同センターは警告しています。自動運転技術がさらに発展・普及すれば、より安全な移動が可能になるでしょう。それだけではなく、やがては「自動運転中はゆっくりご飯が食べられる」など、車による移動を「自分の時間」として有効に使えるようなG空間社会が実現できます。

G空間情報を駆使した産業の「スマート化」

産業分野でも、位置情報を活用したオートメーション化が進んでいます。建設業界では、i-Constructionが推進されており、建機にGPS機能を搭載し、データの収集と活用を実践してきました。現在は、掘削土を運ぶ無人化ダンプトラック、3次元の設計データ通りに精密な傾斜を機械制御で作り上げる油圧ショベル、熟練オペレーターでも難しい1.5センチメートルの精度で整地するブルドーザーなど、ICT建機の活用による「スマートコンストラクション」を実現しています。

また、「GeoMation 土量・資材体積測定ソリューション」は、ドローン(無人航空機)を活用して危険な作業現場に立ち入ることなく航空写真を撮影し、その3Dデータと原料の銘柄から算出された在庫量の安全かつ適正な管理を実現できます。

GeoMation 土量・資材体積測定ソリューション

同サービスの農業支援アプリケーションでは、衛星画像を利用してさまざまな解析を行えます。たとえば圃場ごとに小麦の生育度を色分け表示できます。また、圃場内の生育むらの表示や、倒伏場所の表示、倒伏比率リストの出力が可能です。小麦集団単位での小麦生育マップの利用により、刈取り順序の計画もスムーズに行うことができます。

圃場内部の生育状況を表示した画面

以上見てきたように、いずれのソリューションも、自動車単体で、建機単体で、あるいはドローン単体で可能になる技術ではありません。人とロボットがともにセンサーネットワークの情報を共有することで、より調和したG空間社会の実現が可能になるのです。

自律型モビリティシステム実現に向けた研究開発が進む 出展 総務省:落ち着いて、やさしく、持続可能な社会の実現(総務省重点施策2018)

公開日:2018年8月30日

おすすめ

ページの先頭へ
http://adulttorrent.org

www.profvest.com/2014/09/Doveritelnoe-upravleniye-Forex.html

депозит в гривне