ページの本文へ

Chapter3 テクノロジーの進化が加速させるシェアリングエコノミー|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

シェアリングエコノミーが企業と地域社会にもたらすインパクト

  • 前編
  • 中編
  • 後編

Chapter3テクノロジーの進化が加速させるシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーを提供するプラットフォームには、社会の中に眠っている利用可能な資産のデータを細かい粒度で「収集」し、それを「可視化して共有」して、「取引」を行う機能が必要になります。この「収集」と「可視化して共有」に大きく関わっているのが、スマートフォンとSNSです。

テクノロジーの進化が加速させるシェアリングエコノミー

スマートフォン

今や1人に1台ずつ普及したと言ってもいい「スマートフォン」が、個人レベルで持っている「シェア可能な資産」に関するデータを収集し、同時に「共有して取引をする」ための主要なデバイスとなっています。

SNS

他のユーザーとコミュニケーションを行うSNS(ソーシャルネットワークサービス)において、Facebookのように「実名」での参加を基本とするものが広く使われるようになっています。これは、ユーザー個人の信用度の可視化につながっており、「インターネットでの個人間取引」を促進させるひとつの要因にもなっています。

クラウドの普及により増加するシェア事業者

プラットフォームを構築する「シェア事業者」の視点では、「クラウドコンピューティング」の普及と発展が、新たなサービスの立ち上げを加速させる要因となっています。シェアリングのプラットフォームを構築するためには、ユーザー間で共有される膨大な量のデータを蓄積し、処理を行うためのコンピューティングリソースが必要です。同時に、急速なユーザー数増加に対応するためのシステム増強、ユーザーにとって使いやすいサービスとするための、継続的なシステムやアプリケーションの改善が重要になります。

旧来のように、システム構築に必要なハードウェアを「購入」するのではなく、必要な量の「コンピューティングリソース」を、必要な間だけ従量課金モデルで調達し、柔軟に「利用」できるクラウドコンピューティングが普及したことも、シェアリングエコノミーの拡大を後押ししていると言えるでしょう。

そのほか、「IoT(Internet of Things)」も今後のシェアリングエコノミーの発展に伴って重要なテクノロジーとなると見込まれています。IoTとは、あらゆる「モノ(Things)」をインターネットに接続し、そこから得られたデータを活用していくためのテクノロジー群です。シェアリングエコノミーにおいては、例えば「車」や「施設」といったシェアされるモノの状態をIoTで自動かつリアルタイムに把握できるようにすることで、より便利で合理的にサービスが提供できるかもしれません。

関連特集

シェアリングエコノミーの市場規模は、3350億ドルにまで拡大する

シェアリングエコノミーへの期待は、世界的に高まっています。総務省がまとめた「平成28年版情報通信白書」によれば、シェアリングエコノミーの市場規模は、2013年に全世界で約150億ドルであったものが、2025年には約3350億ドルにまで爆発的に拡大すると予測しています。これは、2015年における世界半導体市場に匹敵する規模です。国内においても、2014年度には「233億円」だった市場規模が、2018年度に「462億円」へと拡大するとみられています。

図:内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室「シェアリングエコノミー検討会議」中間報告書(2016年11月)より

また、シェアリングエコノミーのプラットフォームを提供する「シェア事業者」に対する市場の評価も高くなっています。テクノロジースタートアップのデータベースを提供している「CrunchBase」による2016年5月の調査では、世界のユニコーン企業(企業評価額推定10億ドル以上の非上場ベンチャー企業)上位10社のうち、4社(米Uber、中Didi Chuxing、米Airbnb、中Lufax)がシェア事業者です。世界のスタートアップ企業の中でも、シェア事業者は現在、極めて高い関心と期待を集めていると言えるでしょう。

図:内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室「シェアリングエコノミー検討会議」中間報告書(2016年11月)より

ここまでで、「シェアリングエコノミーがもたらす社会と経済の変化」と、「変化にどう対応し、どう生かしていくか」を組織、個人ともに考える必要があることを、理解いただけたのではないかと思います。

Chapter4~6では、シェアリングエコノミーに分類されるさまざまな事業の形と自治体を主とした具体的な取り組みについて。そしてChapter7~9では、シェアリングエコノミーの「プレイヤー」となるにあたっての注意点や、政府による支援策などについて紹介していきます。

公開日:2017年9月25日

おすすめ

オトナのたしなみ 発展編 オトナのたしなみ 発展編

オトナのたしなみ 実践編

「オトナのたしなみ実践編」ではワンランク上のビジネススキルをその道のプロに伝授してもらいます。

オトナのたしなみ 基礎編

公私にわたり活かせる「たしなみ」術を、マナー編、教養編、HOW TO編、スポーツ編の4つのジャンルでご紹介します。「実践編」の前に基礎的な知識を身につけましょう。

ページの先頭へ
tamada.ua/foto/

np.com.ua

www.profvest.com/2015/04/Kreditnoe-plecho.html