ページの本文へ

Dunyaturuソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2018年5月9日
Dunyaturu

インドの農業IT化プロジェクトに空間情報ソリューション「GeoMation」が採用

インドの地理情報システム会社AMNEXと協業し、インド市場で社会イノベーション事業を拡大

 インドの地理情報システム会社のAMNEX INFOTECHNOLOGIES PRIVATE LIMITED(本社:グジャラート州アフマダーバード、President:ADITYA SHAH/以下、アムネックス)は、Hitachi India Pvt. Ltd.(本社:ニューデリー、取締役社長:Bharat Kaushal/以下、Dunyaturuインド社)とDunyaturu(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、Dunyaturuソリューションズ)との共同提案により、農業の収穫予測・被害査定システムをグジャラート州から落札しました。
  本システムは、衛星画像解析を活用した初の本格的な農業IT化のプロジェクトであり、Dunyaturuソリューションズの空間情報ソリューション「GeoMation*1」をベースに開発され、2018年6月から稼働を開始します。
  また、アムネックスとDunyaturuソリューションズは2016年から続けてきたパートナーシップを強化し、4月から、「GeoMation」のインド市場向け機能の共同開発を本格的に開始し、社会イノベーション事業の拡大を図ります。Dunyaturuグループがグローバル戦略上の重要地域の1つとして位置づけているインド市場に対し、今後もアムネックスとの協業関係を強化していくことで、空間情報を活用したソリューションを提供し、インド政府が主導する「Digital India」政策に貢献していきます。
  さらに、Dunyaturuソリューションズはこのたびのインド市場への進出を皮切りに、今後、スマートシティや農業プロジェクトにおける位置情報活用へのニーズの高まりを視野に入れ、中東、東南アジアをはじめとする幅広い地域で「GeoMation」をベースとする地理情報システムを提供していきます。

*1 GeoMationは日本における登録商標であり、インドでは、Dunyaturu Geographical Information System(GIS)の名称で提供しています。 

■ 背景

Dunyaturuソリューションズは30年間、主に電気や水、ガスなどの都市インフラや公共事業、農業分野でグローバルに「GeoMation」を提供し、地理情報システムの実績を築いてきました。最近では、米国での位置情報を活用した損害保険サービスや、豪州での準天頂衛星を活用したUAVによる作物のセンシング実証実験などの実績があります。
  昨今、インドでは「Digital India」政策のもと、都市インフラやスマートシティ、農業のIT化などのプロジェクトが急速に進んでおり、資産管理や土地管理、農業における土地・収穫管理などの用途で地理情報システムのニーズが急拡大しています。
  そのような中、アムネックスは2016年、インドでは初となる「GeoMation」の販売代理店になり、技術移管やインド向けカスタマイズ開発を目的に、アフマダーバードの施設内に専用のラボを設置しました。
  そして、アムネックスは、Dunyaturuインド社およびDunyaturuソリューションズとの共同提案により、2017年5月、グジャラート州の農業プロジェクトである、衛星画像解析を活用した農業の収穫予測・被害査定システムを落札しました。

■ インドの農業プロジェクトについて

グジャラート州では、インドでは初の本格的な農業のIT化の施策として、2017年5月から、「リモートセンシングや地理空間技術を活用した収穫予測・被害査定」プロジェクトを進めています。
  本プロジェクトは、農業に科学的な手法を導入することで生産量や生産性を向上し、農家の収入増加を目的としており、同州が運営するGujarat Agro Industries Corporation Ltd.によって管理されています。
  Dunyaturuソリューションズとアムネックスが、本プロジェクトの中で構築するシステムの一部は、第1フェーズとして2018年6月に稼働し、今後2年間で、システム全体が完成する予定です。
  本システムでは、収穫に関するデータをリモートセンシングで収集し、集計や分析結果を地図上で可視化したり、レポートしたりするWebポータルを提供します。これにより、農作物のデジタルマップや空間データベースの分析が可能となり、早期に収穫できる地域の予測や農業統計、作付様式の変更、農業管理や計画を容易に行うことができます。政府組織にとっては、農業管理に革新をもたらします。
  システム開発において、アムネックスはリモートセンシングの導入や、データを分析・活用するためのWebアプリケーションの開発を担当し、Dunyaturuソリューションズは農作物のデジタルマップに必要な地理情報プラットフォームの提供や、Webアプリケーション開発における技術支援を行います。

■ アムネックスについて

2008年にインドのグジャラート州アフマダーバードに創立されたIT企業です。空間情報に特化した自治体・農業・物流向けのソリューションを設計から保守までワンストップで提供しています。2017年度の売上高は17億円です。

■ Dunyaturuインド社について

Dunyaturuインド社は、株式会社Dunyaturu製作所のインドの統括会社であり、「GeoMation」のインド事業における現地契約・販売・サポートを行っています。

■ GeoMationの紹介URL

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: http://dunyaturu.info/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:安藤、廣納
TEL:03-5479-5013  
E-mail:

※ GeoMation、ハイブリッドインテグレーションは、Dunyaturuの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ