ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2018年8月24日
株式会社日立ソリューションズ

延長サポート終了を迎えるマイクロソフト製品を利用する企業の
マイグレーションを推進する専任組織「ITモダナイゼーションセンター」を新設

レガシーシステムを適切なアプローチで最新ITに置き換えるモダナイゼーションを推進

  株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、2019年から2020年に延長サポート終了を迎えるマイクロソフト製品*1を利用する企業に向けて、システムのマイグレーションを支援する専任組織「ITモダナイゼーションセンター」を9月1日付で新設します。
  本センターは、日本マイクロソフト株式会社が8月8日に発表した「マイクロソフトサーバー移行支援センター」と密に連携し、お客様システムのクラウドシフトや最新製品へ切り替えなどによるマイグレーションを共同で推進していきます。「マイクロソフトサーバー移行支援センター」の戦略パートナーとして、初の専任組織の設立となります。
  具体的には、サポート終了後も製品を継続利用していくことのリスクや、最新のマイクロソフト製品に関する技術情報などを元に、これまで「Microsoft Azure導入ソリューション」、「Windows移行ソリューション」などを提供してきた経験豊富な技術者がお客様システムのマイグレーションを支援します。
  本センターではさらに、ビジネスアプリケーション、アプリケーション開発支援、マイグレーションサービス、マネージドサービスの4つのカテゴリーで構成する「ビジネスソリューション on Microsoft Azure」を提供し、日本マイクロソフトとの連携の下、レガシーシステムを適切なアプローチで拡張や改修を行い、お客様のコストやトラブルリスクを低減しつつ、最新ITに置き換えていくモダナイゼーションを推進していきます。
  日立ソリューションズは今後、日本マイクロソフトとの連携を強化し、関連ビジネスで2020年度に150億円の売上をめざします。

*1 SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows 7、Microsoft Office 2010などのマイクロソフト製品

■ 背景

マイクロソフトは、2019年7月9日にSQL Server 2008およびSQL Server 2008 R2、2020年1月14日にWindows Server 2008およびWindows Server 2008 R2、2020年にWindows 7やOffice 2010などのマイクロソフト製品の延長サポート終了を予定しています。
  このような状況の中、日本マイクロソフトは、サーバーに対してサポート終了までにクラウドシフトや最新製品への切り替えを推進していくために「サーバー移行支援センター」を立ち上げました。
  これを受け、日立ソリューションズは、「Microsoft Azure導入ソリューション」、「Windows移行ソリューション」などで培ってきた経験を生かし、インフラからアプリケーションまで一貫したサービスを提供するためのマイクロソフト関連ビジネスの専任組織として、「ITモダナイゼーションセンター」を設立することになりました。

■ 日立ソリューションズの「ITモダナイゼーションセンター」について

■ 日立ソリューションズのMicrosoft関連ビジネスについて

日立ソリューションズは、「ITモダナイゼーションセンター」の設立を契機に、日本マイクロソフトとの連携を強化し、ビジネスアプリケーション、アプリケーション開発支援、マイグレーションサービス、マネージドサービスの4つのカテゴリーで構成する「ビジネスソリューション on Microsoft Azure」の提供を開始し、Microsoft Azure関連ビジネスを加速させていきます。

詳細情報はこちらからご覧ください

図 日立ソリューションズの「ビジネスソリューション on Microsoft Azure」の概要図
図 日立ソリューションズの「ビジネスソリューション on Microsoft Azure」の概要図

■ エンドースメント

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波氏より、エンドースメントをいただきました。
  「日本マイクロソフトは、日立ソリューションズがマイクロソフトサーバー移行支援センターにいち早く賛同し、レガシーシステムを最新インフラへ移行支援する国内初の専任組織「ITモダナイゼーションセンター」の立ち上げを心より歓迎いたします。お客様のシステムのAzureやOffice 365を含む最新インフラへの移行に加え、業務アプリケーションのスムーズな移行にも強みを持つ日立ソリューションズのITモダナイゼーションセンターは、マイクロソフトサーバー移行支援センターに大きく貢献していただけると確信しております。
  今後も日本マイクロソフトは日立ソリューションズの『ITモダナイゼーションセンター』が、『ビジネスソリューション on Microsoft Azure』の4つのカテゴリーで、マイグレーションにとどまらずモダナイゼーションへと、お客様の課題を幅広く解決することを強く期待するとともに、営業・技術の両面で密接に連携しお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。」

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:廣納(ひろのう)、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:[email protected]

※ Microsoft、SQL Server、Windows、Windows Server、Office、Office 365、Azure、Dynamics、SharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Pivotal Cloud Foundryは、Pivotal Software,Inc. の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Sitecoreは、Sitecore Corporation A/Sの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ AppDynamicsはAppDynamics, Incの登録商標です。
※ Red Hatは、米国Red Hat, Inc. の米国およびその他の国における登録商標もしくは商標です。
※ Linux は、Linus Torvalds 氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ JP1は、株式会社 日立製作所の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ BSSsymphony、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ