次世代マルウェア対策製品 CylancePROTECT®

概要

CylancePROTECT

CylancePROTECTとは、人工知能を利用した検知エンジンを使用することで検知率99%以上を実現する次世代マルウェア対策製品です。従来の対策では見つけきれないマルウェアまで高い精度で検出することができます。

※:2018年4月NSS Labs調べ

製品紹介動画

99%以上の検知率!! CylancePROTECTで既知・未知の区別なくマルウェアを捕まえろ!の巻

増え続けるサイバー攻撃。特にマルウェアによる攻撃は増加の一途をたどっています。また攻撃手法も巧妙化が進み、新種も続々と現れています。もはや、ネットワークセキュリティ対策だけでは完全に防ぐことは難しく、エンドポイント、つまりPCなどの端末での確実な防御が必要となっています。(再生時間:4分18秒)

特長

検知率99%以上の高精度な検知

従来のパターンマッチング型のマルウェア対策製品は、パターンファイルと呼ばれるリストを持ち、それと一致するものをマルウェアと判断します。
そのため、当然ながら、すでにパターンファイルに存在する既知のマルウェアしか検知できず、少し変化しただけでも検知されなくなってしまいます。
それに対して、CylancePROTECTはAI技術(機械学習)によって、10億個以上のファイルから700万個以上のマルウェアの特徴を学習します。パターンに一致するかしないかではなく、こういった特徴からマルウェアかどうかを“予測”し、判断するため、既知/未知の区別なく高い精度でマルウェアを検知します。

検知率99%以上の高精度な検知

パターンファイル不要

パターンマッチング型のマルウェア対策製品は、新種のマルウェアが登場してからパターンファイルが作成・適用されるまでにタイムラグがあり、その間にマルウェアに感染してしまう危険性がありました。
ランサムウェア 「WannaCry」をはじめ、世界的にニュースになるほど感染被害が拡大したようなマルウェアも、同様です。
従来のマルウェア対策製品が、新種のマルウェアを防御できなかった場合、製品ベンダがパターンファイルを作成後にPC側で適用されるまでは、新種のマルウェアへの感染リスクが高い危険な状態となります。
一方で、CylancePROTECTはパターンファイルに頼らない検知方式のため、常に安全にPCをご利用いただけます。また、オフライン環境や出張先でも安全に使うことが出来ます。

パターンファイル不要

運用コストの低減

従来のパターンマッチング型のマルウェア対策製品の場合、オンプレミスに管理サーバーを用意する必要がありました。CylancePROTECTはクラウド上に管理コンソールが用意されているため、管理サーバーの構築や維持・管理の必要もなく、運用コストを低減させることができます。

運用コストの低減

軽量な動作

CylancePROTECTはファイルスキャン時にも、CPU使用率を占有しないように負荷を分散してスキャンを実行します。スキャン実行時にCPUへの負荷が高くなり、スキャン中はPCの挙動が重くなるといったこともありません。

軽量な動作
TOPへ戻る
best-mining.com.ua

iwashka.com.ua

gazon.net.ua/forsunki.html