ページの本文へ

株式会社Dunyaturuデジタルマーケティング Dunyaturuソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

【入門】AI・機械学習とは?
その種類とマーケティング手法

【入門】AI・機械学習とは? その種類とマーケティング手法

デジタルマーケティングでは、従来のマーケティングで活用されてきた店頭での販売履歴やイベント参加者の顧客データなどに加え、Webサイトでの行動履歴やECサイトでの購買履歴、SNSでのクチコミ情報など膨大なデータを収集し、それを分析・活用していきます。人力による統計分析もおこないますが、機械学習やAIも導入することで、より精度の高い予測や戦略立案が可能となります。そこでここでは機械学習とAIの違いや種類、マーケティング手法についてご紹介します。

AI・機械学習の違いとは?

人間の知能を機械で人工的に再現したいという発想の登場は非常に古く、AI(人工知能)という言葉も1950年代に生まれたと言われています。しかし、膨大な情報を効率的に処理できる人間の脳を再現するのは難しく、高速でデータ解析ができる超高性能なコンピュータの開発といった技術革新も必要でした。そんなAI研究の過程で生まれたのが、機械学習です。機械学習は、アルゴリズムを使って、ある特定の分野に絞り、大量のデータを解析することで、その中に規則性や関係性を見つけ出す手法のことです。コンピュータが自ら判断してすべての規則性や関係性を見つけ出すのではなく、データのどこに注目するべきか、人間が事前に判断し、設定する必要があります。ただ従来からあるプログラムとは異なるのは、開発者があらかじめすべての動作を決める必要がない点でした。

こうした機械学習を用いることで、人間では気づかない大量のデータの中に埋もれた法則性を見つけ出したり、人間なら膨大な時間がかかる事務作業を一瞬で終わらせることができたりするようになります。たとえば、ECサイトなどでは、購入履歴や操作履歴などから顧客が好きと判断するであろう商品をおすすめとして表示するといった形で、すでに活用されています。

また、機械学習から一歩進み、高度なコンピュータと人間の脳のような特別なネットワークを組み合わせることで、大量データの中に潜んでいる複雑なパターンを学習しながら、発見する手法が登場し、ディープラーニングと呼ばれています。ディープラーニングも教師データをもとに学習しますが、一般的に機械学習とディープラーニングの違いは、特徴量を自動で見出す点になります。

現在では、人間の知能を機械で人工的に再現する技術やアイディア全般をAI(人工知能)と呼び、機械学習やディープラーニングはその中に含まれる手法のひとつとなっています。

抑えるべきAI・機械学習のマーケティング手法

抑えるべきAI・機械学習のマーケティング手法

人手不足やコンピュータの高性能化、ネットワークの発達などを背景にAIや機械学習はさまざまな分野への活用が進められていますが、マーケティングや小売の分野への導入も進んでいます。すでにデジタルマーケティングの分野では、AIを取り入れて結果を出しているケースが増えているのです。実際にマーケティングにおいて、AI・機械学習が使われている事例としては次のようなものが挙げられます。

MA(マーケティングオートメーション)ツール

また、従来はマーケターが実施していたKPIの設計、販促シナリオの設計、販促施策の実施結果の評価・改善などマーケティングのプロセスを自動化するMAでも活用されています。マーケティング経験者の確保が難しく、販促シナリオの設計に時間を割けない場合や、商品の入れ替えや季節・トレンドの変化に対応できていない場合でも、AIを活用することで、効果的な販促施策を立案することができるというメリットがあります。

リスティング広告

Web広告でメジャーなこの分野にも、自動入札やレポーティングの自動化でAIが活用されています。これまで人間が広告のパフォーマンスをチェックして入札を行っていたものを、AIならほぼすべての作業を任せることができます。

Web接客

何かトラブルがあると、電話やメールで問い合わせる前に、Webサイトなどで回答を探す消費者が増えています。しかし、検索などでWebサイトまでやってきたものの、FAQが膨大にあると、探している回答が見つけられないといった事態に陥り、不満やストレスから、クレームや顧客の離反につながる原因となってしまいます。そこでAIがチャットでの問い合わせに対して、最適な回答を探して、自動応答するサービスも登場しています。

ターゲティング

DMなどの販促において、ターゲティングは、過去の購買実績などをもとに、マーケターの勘と経験で行われてきました。AIを活用し、DMを送ることで購買につながりやすい顧客を特定して送付し、従来のターゲティング手法より高い精度で購買につながった例が出てきています。

店舗

リアルな店舗でもAIの活用が進んでいます。顧客の動線をカメラなどのセンサで捉え、購買データと合わせてAIに学習させることで、店舗レイアウトの最適化や店員の配置などを改善し、顧客の滞在時間や購買単価を改善させます。

備えておくべきこと

AIや機械学習の普及により、これまで人間がやっていたマーケティングの実務は大幅に削減されることでしょう。ただし、「AIや機械学習をどう使いこなすか」といった根本的なマーケティング方針の策定は、人間しか担当できません。

AIや機械学習を自社のマーケティングで最大限活用するための幅広い素養が今後のマーケティング担当者に不可欠だといえるでしょう。

まとめ

AIや機械学習の発展により、人工知能は従来では考えられなかった学習能力や推論的能力を兼ね備えることとなりました。すでにマーケティングの分野では膨大なデータから消費行動につなげるための様々な活用が始まっています。今後のマーケティングの大きな柱となっていくAI・機械学習に関する最新の動向をチェックし続けることが必要となります。

AI関連ソリューション

カテゴリ
製品名
概要
AI
会員管理
AIで有料会員増、来店・来場増を支援。適切なターゲティングと販促施策で、マーケティングコストを最適化!

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

Dunyaturuソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングに関するトレンド、ノウハウなどを研究成果としてお届けします。

閲覧数が多い記事

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください。
0120-571-488

受付時間 10:00~17:30 月~金(祝祭日除く)

資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングを様々な観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
https://steroid.in.ua

np.com.ua/oborudovanie-dlja-bara.html

Шины Matador купить в уккраине
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ