ページの本文へ

株式会社Dunyaturuデジタルマーケティング Dunyaturuソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングとは?
今さら聞けないマーケティング基礎知識

デジタルマーケティングとは?<br>今さら聞けないマーケティング基礎知識

デジタルマーケティングとは、インターネットやIT技術など「デジタル」を活用したマーケティング手法です。インターネットが世に浸透するまでは、セールスマンが家庭や企業に個別に訪問し、営業をおこなった経験やお客さまと接したときの印象、あるいは新聞や雑誌、テレビなどを通じて行う不特定多数へのアンケート調査などをベースにした集団(マス)へのマーケティングが主流でした。しかし、インターネットが登場すると、Webサイトへのアクセスの分析や、細かく属性分けされた個人へのメールによるマーケティングが台頭するようになりました。現在ではWebやメールだけではなく、リアルな店舗での行動、購買をビックデータ技術やAIなどを活用して顧客の嗜好や行動を分析し、隠れたニーズやトレンドまで考慮するデジタルマーケティングがおこなわれています。

またダイレクトにお客さまに商品の特徴や使い勝手を売り込むのではなく、商品やブランドのコンセプト、イメージといった抽象的な印象を浸透させ、共感を呼び起こすことで、お客さまと企業の関係性を築くような手法も採用されています。まさしく趣味や嗜好が細分化し、「個」をターゲットにする必要のある今の時代に合ったマーケティング手法だといえます。具体的にはどのようなことを行っているのでしょうか? 今回は、このデジタルマーケティングの基礎知識をご紹介します。

デジタルマーケティングとは?

そもそもデジタルマーケティングとは何なのでしょうか? インターネットが普及し、スマートフォンを一人一台持つ時代になったことで、消費者は商品やサービスを購入する前に口コミやECサイトをチェックし、時間をかけて吟味するようになりました。また、実際の店舗に足を運び、手にとってから購入するだけではなく、口コミなどを参考にしながら、ECサイトで購入するケースも増えています。消費行動が多様化し、店頭での販促やマス広告による宣伝・PRだけでは、消費につながらないようになってきたわけです。そこで登場したのが、オムニチャネルという考え方です。オムニチャネルは、従来のリアルとWebで分かれていた戦略、サービスを見直し、どのチャネルでもお客さまに最適なサービスの提供とコミュニケーションを行っていく手法です。オムニチャネルでは、マス広告や実店舗での販売データだけではなく、インターネット広告やメールでのアプローチ、SNSを活用したマーケティングなど、デジタルツールをフル活用して顧客との接点を作っていきます。

デジタルマーケティングでは、オムニチャネルを通じた宣伝・PRだけではなく、同時に収集される膨大な消費者の行動データも蓄積され、データの活用・分析もおこなわれていきます。そのためアナログ時代のマーケティング手法では見えてこなかった顧客の本音や興味関心の方向性、購買行動がより高い精度で把握できるようになっています。つまり、あらゆるタイプの顧客に対して戦略的にマーケティングをすることが可能となるのです。

デジタルマーケティングと
Webマーケティングの違い

デジタルマーケティングとよく似た用語に「Webマーケティング」というものがありますが、これはWebサイトに特化したマーケティング手法です。公式Webサイトを訪れたユーザーのサイト内でのアクセス行動を追うことで、ユーザーがWebサイトに対してどのような情報を求めているのかを探り、満足して消費につなげるWebコンテンツへと改善を重ねていきます。

一方で、デジタルマーケティングはWebサイトで得られるユーザー行動だけでなく、スマートフォンやタブレットのブラウザや公式アプリの行動履歴、さらには商品に搭載されたIoT経由の包括的なデータといったデジタル情報だけではなく、リアルなイベントでの反響や店頭への来店データ、販売履歴といったリアルな活動データも収集対象になるのが、特徴です。以上のことから、デジタルマーケティングとは、Webマーケティングをオムニチャネルに対応させたものと言えるでしょう。

「スマホ時代」に強まった
デジタルマーケティングの重要性

「スマホ時代」に強まったデジタルマーケティングの重要性

現代では、たくさんの消費者がスマートフォンやタブレットを常に手にし、24時間365日時間も場所も関係なく気になる商品やサービスを検索しています。ニーズにマッチすればすぐにクリック購入できる時代にあるといえ、デジタルマーケティングでのチャネルの拡充は避けて通れないテーマです。

インターネットとパソコンの登場によって激変したマーケティング手法ですが、スマートフォンの登場によってさらに進化しました。商品情報が瞬時にSNSや口コミサイト経由で閲覧できるようになったため、消費者は実店舗で商品を目の前にしながら、スマートフォンで情報検索や価格比較をすることも当たり前になっています。こうした消費者の行動に対して、広告もユーザー行動に合わせて配信する広告を選定するなど、よりターゲットにあった宣伝やPRを行う手法が広がっています。消費行動においてリアルとネットの壁がなくなった今、スマートフォンを対象としたマーケティング施策は必須となっているわけです。

AIでデジタルマーケティングが変わる

デジタルマーケティングに取り組むことで、消費者のデータを細かく蓄積できます。その反面、大量かつ多様なデータから消費者を理解するには、データサイエンスなど特別なノウハウが要求されます。そこで、登場したのがマーケティングへのAIの活用です。

デジタルマーケティングは、AI時代の本格到来によって新たな段階を迎えています。
AI時代により、どんなデジタルマーケティングによる変化があるのか事例を見ていきましょう。デジタルマーケティングとAIを組み合わせることで、複雑化する消費者行動を予測することができるようになります。例えば会員が脱退する際の不満や直前の行動を分析することで、退会しそうなサインを出している会員に対して、特典を用意することや、販売後のフォローを行うことで退会を思いとどまるよう施策を講じることもできます。これまでのベテラン販売の経験などから同様のことができた可能性もありますが、ひとりのスタッフの勘や経験に頼ることなく、より高い精度で実施できる点もAIとデジタルマーケティングを組み合わせる利点のひとつです。さらに、オンライン上で把握できる在庫や納期もAIならオペレーターがひとつひとつ確認する前に、一瞬にして答えることができるだけではなく、消費者が求めている商品の関連商品までもデータや行動履歴からアドバイスできます。そのため高品質な接客がいつでも提供できるようになり、利益率の向上につながるといえるでしょう。

また、デジタルマーケティングで収集したデータに基づきECや店舗レイアウトを効率化すれば、顧客満足度がアップするとともにコスト削減効果も上がります。

まとめ

デジタルマーケティングは、時代のニーズに沿ったマーケティング手法のひとつとして今後さらなる発展が見込まれるジャンルです。顧客とのつながりを重視し、デジタルデータの活用を通じて、多様化する趣向や行動が消費者の興味関心や欲する情報を捉え、的確なマーケティングを実現させることができます。

さらに、AIとの組み合わせによって膨大な顧客データを瞬時に分析し、予測を立てることができるようになります。これにより、人間だけでは知りえなかったデータにより、顧客の興味や趣向に合わせて、良質なコミュニケーションができます。

例えば、今までのECと店舗でバラバラにマーケティングを行っている状態では捉えられなかったお客様の行動、趣向を把握し、店舗での購入履歴をもとに、ECでおすすめ商品をアピールしたり、Webサイトのアクセス履歴をもとに、スマホアプリでクーポンを配信したりするということが可能になります。取り扱うデータが増えると、人の力だけでは分析・予測が困難になります。そこで、AIを活用して顧客の行動を予測し、顧客ごとに購買確率の高い商品を提示するなど、AIを利用した高精度のマーケティング手法も増えていくでしょう。

こうした時代の変化に迅速に対応することが、いま企業で求められるようになってきています。

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

Dunyaturuソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングに関するトレンド、ノウハウなどを研究成果としてお届けします。

閲覧数が多い記事

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください。
0120-571-488

受付時間 10:00~17:30 月~金(祝祭日除く)

資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングを様々な観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
more information best-cooler.reviews

baden-medservice.com
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ