導入事例

|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズをご利用ください。

統合化生産管理ソリューション ECObjects

Dunyaturuソリューションズ

ECObjects

導入事例

導入事例
Case Study 01
効率的な世界同時生産を、統合化部品表により支援します。

グローバル生産のための統合化部品表ソリューション

製造業では現地生産・世界同時生産が進んでいます。複数の場所で設計された製品が複数の工場で生産されるため、そのプロセスの「見える化」は、ますます重要となってきています。しかし…

グローバル化の問題点

Solution1: グローバルな品番管理を容易に実現します。

一般的に統合化部品表の構築のためには品目番号の統一が必要と思われていますが、それは誤解です。統合化部品表はローカルな品番をそのまま表で持ち、共通で使いたい品目にグローバル品番や統一品番を採番し、それをView機能でフィルタリングして運用します。

※View機能は(株)クラステクノロジーにより特許取得済

統合化部品表でのグローバルな品番管理

Solution2: 多国籍時間・通貨単位・言語により適切に管理できます。

日付・時間の情報はすべて世界標準時(GMT)で管理します。タイムゾーン(拠点)を切り替えることにより、それぞれの拠点ビューに合わせ時差を補正しローカル時間で参照できます。 また、通貨変換モジュールにより、ある通貨単位で設定された価格をそれぞれの通貨単位として捉えることができます。情報を統合しながら各地域に最適な表示形態を保障します。画面ラベル、名称などは複数の言語に対応することができます。 ログイン時に選択した言語環境にしたがって、画面、データが表示されます。統合されたデータでありながら多言語環境(日本語、英語、中国語は標準装備)での運用が可能です。

統合化部品表での多国籍時間・通貨単位・言語の管理

Solution3: グローバル製品管理を、容易に実現します。

膨大な品番統一の必要性が一切無く、グローバル品番体系へスムーズに移行できます。 また多言語、多通貨でのスムーズなコミュニケーションが実現できます。 異なる地域、異なる仕様、異なる組織間での製品管理工数が削減できます。

 

Case Study 02
ニーズに即応できる、柔軟で効率的なコンフィギュレータ管理を実現します。

コンフィギュレーションのための統合化部品表ソリューション

消費者の志向は、ますます多様化する傾向にあります。その結果、製品のバリエーションの数もますます増加の傾向にあります。

自動車の場合の派生モデルの数

構成と原価の双方を管理している統合化部品表を活かし
コンフィギュレータにより“見積”と“部品表”を一気に作成

コンフィギュレータ導入モデル

導入による期待効果

  • 1.お客様要望に対し迅速な見積回答が可能となり受注機会逸失を回避
  • 2.オプションの組合せ提案により標準製品へ誘導し個別設計を極小化
  • 3.仕様情報と構成情報を分離し、部品表の爆発的増加を抑制
  • 4.オプションの組合せ誤りによる、構成ミスや手配ミスを低減
  • 5.熟練者の製品構成ノウハウを見える化し、組織で共有
  • 6.設計レスの製品は素早く製造ラインへ展開し、納期を短縮
  • 7.設計標準化、モジュール化により設計コスト/設計リードタイムを縮小
  • 8.製品情報の更新負荷軽減→本来の営業活動に集中

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

関連するソリューション・商品の専用サイト
www.yarema.ua/curtaine/bedroom

гайморотомия

https://kinder-style.com.ua