Entierとは

大量のデータを効率よく管理

データベース圧縮

データベースに格納するデータやインデックスを様々な方式で圧縮し、データ領域を削減することができます。

スマートデバイスなどの限られたリソース内に、より多くのデータを格納

2種類のデータベース圧縮

キーワード圧縮方式とハフマン符号化圧縮方式の2種類の方式を組み合わせて、データを圧縮します。 (適用事例:施設名称列48万件に対して圧縮を適用した場合、20.6MBを10.9MB(52.9%)に削減)

キーワード圧縮方式

データ中に繰り返し出現するパターンを共通キーワードとして圧縮

ハフマン符号化圧縮方式

出現頻度の高い文字に対して短い符号を割り当て文字列を圧縮

インデックスプリフィックス圧縮

インデックス内の文字情報の前方一致部分を共通のキー(プリフィックス)として管理することで、インデックスのリーフページ領域の圧縮を行ないます。

インデックスプリフィックス圧縮のイメージ

住所や電話番号などのデータは、前方が一致しているケースが多いため圧縮効果が高くなります。

インデックス専用列

検索条件で利用し、結果表示に利用しない列のデータを、インデックス情報だけでデータを持つことができます。

列データをインデックスでのみ保持するため、領域サイズが削減

ヨミ列を検索結果に表示する必要がない場合の例

ログ管理

指定件数に応じてデータベース内でデータを自動管理します。

Entierが指定件数に従い最新レコードだけを自動管理

逐次発生する稼働ログなどのデータに対し、あらかじめ指定された件数に従って最新レコードだけを自動管理します。
この機能により、従来のデータベースではアプリケーション側で実装していた「古いレコードを削除するオペレーション」が不要になるため、効率よく開発できます。

お問い合わせ
TEL
お問い合わせ
www.baden-medservice.com

www.pillsbank.net/en/products/viagra-generic

www.biceps-ua.com/trenbolon.html