活用例

M2M業務への導入

M2M業務における問題

M2M業務において、センサで取得したデータを逐次サーバへ送信すると、通信コストが膨大になってしまいます。また通信が途絶えてしまうと、その間に取得したデータを受信できなくなり、データに不整合が生じたり、正しく運用できない場合があります。

収集したセンサデータをゲートウェイ上で管理

通信端末側でEntierを用いたデータ管理を行なうことにより、頻繁に送信していたデータを一定時間毎にまとめて送信できるため、通信コストを削減できます。また、通信が途絶えてしまった場合も、 Entierにデータを蓄積できるため、データの不整合を防ぎます。

収集したセンサデータをゲートウェイ上で抽出・加工

視覚的な画面によりデータ収集規則を容易に定義でき、それに基づいてゲートウェイ上でデータの抽出や算術演算、集約演算、比較演算などの各種演算による一次加工を行うことができます。 これにより、データの活用目的に応じた精度の高いデータを収集できるとともに、ゲートウェイ上で一次加工を行うことで通信量やサーバ負荷を削減することが可能となります。

詳細はこちら(Entier Stream Data Aggregator共通ページ)

お問い合わせ
TEL
お問い合わせ
link best-cooler.reviews

Был найден мной авторитетный блог на тематику запчасти хонда аккорд https://dmi.com.ua/service/auto
Наш полезный веб сайт про направление монтаж автоматического полива.