GeoMation 農業支援アプリケーション

圃場管理システム

地図の利用により圃場の状況を直観的に把握可能。
迅速かつ効率的な営農業務を支援します。

概要

正確な営農業務の実現

個々の生産者が「何を」「どこで」「いつ」「どれくらい」「どのように」作っているかを統合的に把握することで、生産者個人ではなく全体を考慮した営農業務の運用を効率・効果的に実現します。

農産物の付加価値化の支援

圃場情報を整備することで、それらのデータをもとに作物の収量や品質、作付などの情報を統合的に解析し、GISを核とした効率・効果的な営農が可能になります。

タブレット利用による営農支援

タブレットを利用することで、現場にいながら圃場の情報(作物、耕作者など)の確認が可能です。また、病害虫の発生や生育状況など写真付きで現場から登録することが可能になります。高精度位置情報を利用することで作業機械の位置把握や圃場の作図にも利用できます。

このページの先頭へ

特長

圃場情報の管理

圃場情報を地図とリンクさせてきめ細かく管理することで、台帳だけでは見えなかった個々の圃場情報の関連性が視覚的に表現され、統合的な情報利用と営農業務の効率化を実現します。作付情報、耕作地の面積、耕作者の情報、グループ(集団)単位の情報などを管理できます。

圃場情報の表示

©国土地理院

圃場情報&衛星写真の表示

©DigitalGlobe

自由な拡張性

農家情報、圃場情報に日付や数値などユーザ独自の付加項目が追加できます。播種日や収穫予定日、病害虫の発生状況などを追加することで、収穫や防除計画などに使用できます。

タブレット利用による営農支援

GeoMation 地理情報システムのスマートデバイスオプションと組み合わせることでAndroid端末で作業機械の位置把握が可能です。地理情報システムの時系列管理オプションを使うことで軌跡の表示も行えます。現場での気付き情報(障害物や危険個所)の入力や収穫物の一時保管場所の登録なども行えます。高精度位置情報を利用することで正確な圃場を作図することも可能です。

地図配信サービスの利用

国土地理院をはじめとする地図画像配信サービスが利用可能です。最新の地図を使った営農業務が行えます。

このページの先頭へ

ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
www.renault.niko.ua/ru/models/new-koleos

www.renault.niko.ua

купить акриловый ковер