システム全体のリソースや業務(サービス)の稼働状況を業務視点で効率良く一元管理します。また、サーバ構成の管理やシステム上のすべての事象(イベント)の発生をリアルタイムに監視でき、障害発生時の原因箇所の特定からその対処までを迅速にサポートします。

このような課題を解決します!
  • さまざまな管理対象の監視ツールが統一されておらず効率悪い。

  • 障害が発生して初めてリソース不足であることに気付いた。

  • キャパシティ計画を立てたいが判断材料を集めるのに手間がかかる。

ITシステムがますます多様化・複雑化する中、サーバ上で動作するOSや各種アプリケーションも複雑に連携しています。

こうした状況下では、複雑なシステムの稼働状況を効率良く管理し、トラブルの予兆を検知することが重要となります。


このような課題を解決します!

主な特長

  • 統一したインタフェースでOSやアプリケーションを一元管理
  • 監視対象の違いを意識せず、OSやアプリケーションのアラーム発生状況を一元的に管理できます。
  • 予兆検知と障害発生の自動通報
  • トラブルの予兆を検知し、危険な状態になる前にシステムの管理者へ通知したり、外部コマンドを自動実行できます。

  • 稼働状況を相対的に評価
  • 自動で蓄積された稼働情報を元に、システムの稼働状況の変化を過去のデータと比較し、相対的に評価できます。

    PAGETOP

運用例のご紹介

【運用例1】稼働状況のレポート収集を自動化

PAGETOP
【運用例2】仮想サーバ追加処理を自動化

PAGETOP

JP1/PFM関連ソリューション

当社では、これからJP1/PFMを導入予定のお客様及び既にご活用中のお客様向けに次のようなサービスも提供致します。

  • これからJP1/PFMを導入予定のお客様へ
  • ご使用中のJP1/PFMをバージョンアップ予定のお客様へ
  • JP1/PFMが標準サポートしていない性能情報の監視を検討しているお客様へ
  • ご使用中のJP1/PFMに関する稼働状況の診断をご要望のお客様へ
  • OpenStack環境でのシステム運用を検討しているお客様へ
【略称一覧】
  • JP1/PFM : JP1/Performance Management
PAGETOP
www.sledoc.com.ua

www.adulttorrent.org

agroxy.com