FAQ よくある質問

Oracle製品やサービスについてお客様から多くお寄せいただくご質問と答えです。

  • サポートサービス導入後のFAQは、顧客向けのサポートサイトにございます。(サポートサイトのご利用は、サポートサービスへのご契約が前提となります)
ライセンスについて 質問一覧 サポートについて 質問一覧 教育について 質問一覧  

ライセンスについて 質問一覧

ページトップへ

サポートについて 質問一覧

ページトップへ

教育について 質問一覧

ページトップへ

ライセンスについて ライセンスについて 質問・回答

ライセンスの定義・価格について教えてください。
オラクルのライセンスタイプは大きく分けて2種類あります。 Processorライセンスは、Oracle製品がインストールされるH/Wに搭載されているプロセッサ・コア数をカウントします。
Named User Plusライセンスは、Oracle製品にアクセスする権利をもつ個人をカウントします。Oracle製品をインストールするH/W単位、あるいはH/Wに搭載されるプロセッサ・コア単位で最少ユーザ数が設定されており、最少ユーザ数または実際のカウント数の大きい方の数での契約となります。
Processor数のカウント方法(シングルコア、マルチコア)について教えてください。
Oracle製品がインストールもしくは稼動するサーバすべてのプロセッサを対象とします。カウント方法はシングルコアとマルチコアの場合で異なります。 ただし、Oracle Database Standard Edition 2、Oracle Database Standard Edition、Oracle Database Standard Edition Oneに関しては上記に関わらず、常にプロセッサが搭載されたソケット数で数えます。
シングルコア・プロセッサ数の場合にはサーバに搭載されるプロセッサの総数になります。マルチコア・プロセッサの場合には、プロセッサが搭載されているハードウェアの「総コア数」に決められた係数を乗じた数をカウントします。
※係数については、ライセンス体系のページをご参照ください。
NUPライセンスのカウント方法及び最少ユーザ数について教えてください。
使用するユーザ数に応じてNamed User Plusライセンスをカウントします。
Oracle Database Enterprise Editionの最少ユーザ数は、25Named User Plus×対象プロセッサ数となります。ただし、「マルチコア・プロセッサ」が搭載されているハードウェアでご利用いただく場合には、総コア数に係数を乗じた数(小数点以下端数切り上げ)に25Named User Plusを乗じた数が最少ユーザとなります。
Oracle Database Standard Editionの最少ユーザ数は、1コンピュータあたり5Named User Plusとなります。
Oracle Database Standard Edition Oneの最少ユーザ数は、1コンピュータあたり5Named User Plusとなります。
Oracle Database Standard Edition 2の最少ユーザ数は、1Serverあたり10Named User Plusとなります。
※係数については、ライセンス体系のページをご参照ください。
使用権の許諾について教えてください。
Oracle製品のライセンスに関しては、日本オラクル標準のプログラム使用権許諾書() の内容につき、エンドユーザー様が内容に、ご承諾いただくことが必要です。尚、内容について不明点等ございます場合は、ご相談ください。
オラクル製品をダウンロードして使用するサイト「EPD」ついて教えてください。
2008年2月1日より、日本オラクル製品をダウンロードにより入手できるサイト「Oracle E-Delivery(EPD) 」がオープンしました。オラクル製品を購入いただく際に御利用いただけるサイトで、日本オラクル社が出荷するほとんどの製品に対応しています。ただし、EPD御利用に当たっては注意事項もございますので、事前に日立ソリューションズ担当営業までご相談ください。
「ライセンス・セット」ついて教えてください。
ライセンス・セットとは、お客様が使用権許諾されている全てのオラクル製品のうち、 同一のソースコードを共有しているオラクル製品のライセンス群を意味します。サポート契約の締結にあたり、同一ライセンス・セット内においては、サポート契約の有無を統一しなければなりません。
「マイグレーション」について教えてください。
Named User PlusからProcessorへ差額をお支払いいただく事で、移行することが可能です。詳細については、営業までご相談ください。
「ライセンス移行」について教えてください。
旧価格体系から最新の価格体系への移行に際しては、以下の比率で移行が可能です。
(例) 指名ユーザ: Named User Plus = 1:1
  同時ユーザ: Named User Plus = 1:2
  指名ユーザ: Processor = 50:1
  同時ユーザ: Processor = 25:1
ページトップへ

サポートについて 質問・回答

サポート契約のサービスの内容をについて教えてください。

サポート契約のサービスの内容は以下の通りです。
・技術問合せ対応
・バージョンアップ製品の提供
・専用ウェブサイトへのアクセス権
・プロアクティブ情報の提供
など。
詳細はこちら(サポートサービスへリンク)

契約開始日に決まりはありますか。
契約開始日=ライセンスの使用権許諾日となります。
複数年契約はできますか?
複数年契約をお受けいたします。ただし、製品によってはお受けできないものもありますので、事前に日立ソリューションズ担当営業までご相談ください。
以前に購入していたライセンスを後日サポート契約する場合の契約料金について教えてください。
ライセンスの使用権許諾日から初年度サポート開始日前日までの空白期間に対して、遡及料金(サポート料金定価の150%を計算基礎として算出)をお支払いただくことでご契約いただけます。
※実際に遡及期間が発生するご契約の際には、事前に日立ソリューションズ担当営業までご相談ください。
サポートの契約書番号が分かりません。
サポート契約締結後に、日立ソリューションズから発送する「サポート契約番号のご案内」にてご確認ください。紛失や送付先不明の場合には、日立ソリューションズ担当営業まで、ご相談ください。
技術的な問い合わせ用の窓口を教えてください。
日立ソリューションズ担当営業まで、ご相談ください。
会社名が変更になった場合の手続きについて教えてください。
資産譲渡に関わる場合には、条件によってはお受けできないケースもございます。詳細につきましては、日立ソリューションズ担当営業までご連絡ください。
サポート契約を結んでいますが、バージョンアップ用メディアの注文には料金がかかりますか。
サポート契約されたオラクル製品に対して、ご注文時点で出荷可能なバージョンアップ用メディアを無償にてご提供いたします。
ページトップへ

教育について 教育について 質問・回答

Oracleの教育を受けたいのですが?

Oracle教育に関しては、日立インフォメーションアカデミーにて実施しています。
詳細は、日立インフォメーションアカデミーのを参照して下さい。

Oracle Master試験に関する対策講座はありますか?
Oracle Master試験対策講座は、日立インフォメーションアカデミーにて実施しています。
詳細は、日立インフォメーションアカデミーのを参照して下さい。
ページトップへ
(C)Hitachi solutions, Ltd. 2017. All rights reserved.
www.agroxy.com

www.np.com.ua

ムミクミーミサミクム ミコムσソミクムび