就職活動を始めた当初、私は介護業界を中心にまわっていました。
「困っている誰かに少しでも貢献して、役に立てる仕事がしたい」という思いが強くありました。
しかし、複数の業種にまたがり、
いくつもの企業の説明を聞くうちに、気付いたことがありました。
それは、どのような業種・規模の会社でも、
今はITによって課題を解決するケースが多いということです。
「ITのプロになれば、特定の業界でなく、より多くの方々の役に立てる」、
これがIT業界への就職につながる動機となりました。
数あるIT系企業の中で当社を選択した決め手は、
幅広い業界に向けてサービスを提供している実績があるという点でした。
たくさんの方に喜んでもらえるプロになるには、ここが最適だと判断したからです。
これまで担当してきたのは流通・サービス業を営む企業を対象にした営業です。
多数の生活者をエンドユーザーにしているこの業界で、
ITとお客様をつないでいく役割をもらえたことにも、とても満足しています。

「何も分からないのでイチから勉強します」という姿勢で仕事をスタートしたものの、
試練はすぐにやってきました。
知識面で分からないことは、先輩や上司に相談しながら学習をして、
少しずつ積み上げていきましたが、
ビジネスやシステムの現場にある微妙なニュアンスなどは、すぐには分かりません。
豊富な経験値と、時間をかけて築いたお客様との関係性を持って
活動する先輩たちのようにはいきません。
「新人なのだからしょうがない」という気持ちもありましたが、
やはり「役に立てていない」という悔しさを抱えていました。
ところが、よくよく先輩や上司の仕事を見てみると、最後の最後、
勝負どころと言えるような場面では知識やロジックよりも「気持ち」「熱意」で
相手からの信頼を勝ち取っていることが分かってきました。
「それなら私にだってできるはず」と思い、開き直った途端、壁を乗り越えることができました。
部署内での会議でも、「これはこうすべきだと思う」という発言をすると、
上司がちゃんと耳を傾けてくれます。
もちろん「そう思う理由は?」といった質問に答えられない場面もありますが、
とにかく声を上げれば聞いてもらえるし、仮に不完全な提案であっても、
きちんと発信をすることで改善点が分かり、何を学ぶべきかが明快になる。
物事が前に進み始める。
「Dunyaturuソリューションズという会社では、言いたいことを言っていいんだ」。
そう気付いたとき、お客様との接し方にも自信が持てるようになりました。
「言ってもいい」ではなく「言うべきなんだ」ということにも気付くことができました。

入社以来担当している大手小売業のお客様は、
斬新なサービスを
次々に世に出している企業なので、
今はその種ともいうべきビジネスアイデアと
当社のIT技術をどうリンクさせれば
より効果的になるか、
という発想を練っていくことが
楽しくて仕方ありません。
ただし、課題もあります。
それは、もっともっと自分発の仕事を
創っていくこと。
お客様の要望に応えたり、上司から渡されたテーマを解決する受け身の仕事ばかりでなく、
自分が課題やテーマを見つけてきて、その解決策を提案し、
仕事として成立させられるようになることです。
学生時代は「大企業に入ったら、やりたいことがやらせてもらえないかもしれない」
という思いもありましたが、その思いは入社後に払拭されました。
挑戦できる風土や、意見を聞いてくれる環境が当社にはあります。
また、女性にとっても働きやすい枠組みがあって、それを活用している先輩も多数います。
ですから、思う存分挑戦できます。
「規模が大きく、安定感を持ちつつも、常に挑戦し、やりたいことを追いかけられる」
それが当社の一番の魅力だと感じています。