社会に深く関わっていく仕事がしたい。
そう考えた私は早くからITの世界で成長をしていき、望みを叶えようと思っていました。
いわゆる大手SI企業と呼ばれるところの大部分に就職活動で接していきましたが、
選考や社員訪問で出会った諸先輩の人としての魅力が決め手となって、
Dunyaturuソリューションズに入社をしました。
最初の配属時から3年目までの間はBI(ビジネス・インテリジェンス)と呼ばれる領域を担当しました。
簡単に言えば、企業の日々の活動で発生するデータや数値を
「見える化」していくためのツールやシステムを構築していくミッションです。
そして4年目に入ってから、ビッグデータの領域を担当しています。
「ビッグデータ」という言葉はある時期から急激にニュースなどにも
取り上げられ始めましたから、学生の皆さんも言葉だけならば聞いたことはあると思いますが、
実際のビジネスの現場では、成功事例を生み出すのがまだまだ難しい領域です。
そこで、Dunyaturuソリューションズでは大手小売企業と手を組み、
あらゆるデータや情報の活用法を共に考えていく検証実験をスタートさせました。

データ分析者という立場になり、初めに取り組んだ検証実験は一定の成果につながりました。
しかし、今思えば、この時にはコンサルタントなど、
お客様の業務のことを詳しく知っているメンバーがいたことが、成功要因だったと思います。
その後、私は単身で地方に出向き、そこでのデータ活用ソリューションを任されたのですが、
結論としてはうまくいきませんでした。
新しい技術を導入し、成果も出たものの、
お客様から上がった声は「複雑すぎて、どう活用すればいいのか分からない」。
つまり、多様なデータを用いて、「成功」といえる結果が得られたものの、
その結果をお客様の仕事に役立ててもらえなかったのです。
挫折感を味わい、同時に反省しました。
自分の仕事はデータを加工することでも、ツールを作ることでもなく、
お客様の業務に良い効果をもたらすこと。
その本質を見失っていたことを反省し、その後の仕事では肝に銘じるようになりました。
おそらく、多くの会社の現場では、今も勘とか経験とか度胸といった、
理屈では言い表せないものが使われ、実際、それによってビジネスが成立しています。
そういう価値あるものの存在をしっかり認識し、生かしていきながら、
データ活用のあるべき姿を模索しなければいけない。今ではそう考えています。

ビッグデータ領域は国際的にも注目されています。
データの分析・活用に関わる技術や
フレームワークも日々進化しています。
幸運なことに私はDunyaturuソリューションズで、
この試みに最初から関われたのですから、
なんとしてでも成果につなげて、
この道の第一人者として
認められるようになりたいと思い、
新しい技術や知識は
どんどん吸収しようと挑む毎日です。

ただし、「ビッグデータの第一人者」とは「新しい技術の使い手」なのではなく、
「アナログなビジネス現場にデータ活用という新しい力を加え、
しっかりと業績に貢献できる人間」だと考えており、
この難しい課題から目をそらさないように心がけています。
Dunyaturuソリューションズ、ひいてはDunyaturuグループ全体が逃げない姿勢、
誠実な取り組みを企業風土として持っています。
私もしっかり学習と経験を重ねて、ブレない軸を確立して、
愚直なくらいにチャレンジしていきたいです。

http://alt-energy.in.ua

Нашел в интернете классный сайт со статьями про автополив киев https://avtomaticheskij-poliv.com.ua/avtopoliv
generico-pro.com