Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linux概要

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat Enterprise Linuxは、企業システム向けLinuxとして、国内外で圧倒的なシェアを誇る商用Linuxディストリビューションです。

Red Hat Enterprise Linuxは、大きく分けると、サーバ製品、デスクトップ製品、アドオン製品、管理製品に分類されます。
代表的な製品は以下の通りです。

Red Hat ソリューションでは、Red Hat Enterprise Linuxを活用したRHEL設計・構築サービスを提供しております。

詳細はこちら

PAGE TOP

Red Hat Enterprise Linux Server

Red Hat Enterprise Linux Serverは、多くの企業において、アプリケーションのデプロイ、仮想化環境の構築などの幅広い分野で利用されています。Red Hat Enterprise Linux Serverには、多くのソフトウェアが同梱されており、企業システムの構築に最適です。 Red Hat Enterprise Linux Serverに同梱されている代表的なソフトウェアは以下の通りです。

    • Apache HTTP Server (Webサーバ)
    • Apache Tomcat (アプリケーションサーバ)
    • PostgreSQL (データベースサーバ)
    • Postfix (メールサーバ)
    • Samba (ファイルサーバ)
    • Squid (プロキシサーバ)
    • Amanda (バックアップソフトウェア)

Red Hat Enterprise Linux Serverにはハードウェア認定プログラムがあります。ハードウェア認定プログラムは、Red Hat Enterprise Linux Serverとパートナー企業のハードウェアとの互換性を検証して認定を行うものです。
ハードウェア認定プログラムの詳細は、Red Hatのサイト をご確認ください。

日々発見される脆弱性に対して、Red Hatからパッチ提供が行われるため、安心してご利用いただくことができます。
脆弱性の対応状況は、Red Hatのサイト をご確認ください。

Red Hat 製品は、バージョン毎にサポートライフサイクルが異なります。
ライフサイクルの詳細はRed Hatのサイト をご確認ください。

IBM POWER用、SAP applications用、HPC用の製品もございます。
製品の詳細はRed Hatのサイトをご確認ください。

PAGE TOP

Red Hat Enterprise Linux Desktop

Red Hat Enterprise Linux Desktopは、ワードプロセッシング、スプレッドシート、プレゼンテーション、描画、データベースの各アプリケーションを統合したオフィス製品「LibreOffice」など、ユーザー向けのアプリケーション一式を同梱することにより、ユーザーの生産性を高めます。さらに、Kernel based Virtual Machine (KVM) 仮想化テクノロジーが組み込まれているため、WindowsやレガシーWindowsアプリケーションをLinuxデスクトップで実行することが可能です。

PAGE TOP

Red Hat Enterprise Linux Workstation

Red Hat Enterprise Linux Workstationは、グラフィック、アニメーション、科学技術計算などの高パフォーマンスアクティビティ向けに最適化されています。Red Hat Enterprise Linux Workstationには、Red Hat Enterprise Linux Desktopに搭載されている機能やアプリケーションに加えて、Red Hat Enterprise Linux Desktopのプロビジョニングおよび管理の効率とコスト効果を向上させるデプロイツールが用意されています。

PAGE TOP

アドオン製品

Red Hat Enterprise Linux Serverの機能を拡張する目的で、アドオン製品が提供されています。アドオン製品の利用には、ベースとなるRed Hat Enterprise Linux Serverのサブスクリプション契約が前提となります。アドオンの一覧と概要は以下の通りです。

表 2 アドオン製品の概要
アドオン 説明
High Availability フェイルオーバによる高可用性クラスタの構築に利用
Load Balancer ルーティングや負荷分散機能向けの特殊サーバLVS(Linux Virtual Server)によるソフトウェアロードバランサを提供
Resilient Storage 複数ノード間で共有されたストレージ用のクラスタファイルシステムを提供
Scalable File System 最大100TBの容量に対応したXFSファイルシステムを提供
Smart Management Red Hat NetworkとRed Hat Network Satellite用のManagement,Provisioningモジュールを提供
High Performance Network RDMA over Converged Ethernet(RoCE)によるネットワークの集約
Extended Update Support アップデートのサポート期間を24ヶ月に延長し、アップデート時期の選択肢を提供

PAGE TOP

Red Hat Network Satellite

Red Hat Network Satelliteは、Red Hat Enterprise Linuxの統合管理環境を提供します。プライベートクラウドの配備、管理、監視に適用できるシステム管理フレームワークを提供します。Red Hat Network Satelliteのユーザーは、新サービスを迅速に配備できます。さらに、Red Hat Network SatelliteのWebベースのインターフェースを使用して管理できます。

Red Hat Network Satelliteの特徴

  • ■パッチ管理の効率化
    • 複数台のシステムのパッチ適用を一括して管理できます。
    • パッチ適用が必要なシステムの有無を容易に判断できます。
    • パッチのプッシュ配信が可能なため、複数台のサーバへの容易なパッチ適用を実現します。
  • ■セキュリティへの対策
    • 重要なパッチや設定の変更が必要なシステムの有無を迅速の判断することで、セキュリティリスクを回避します。
  • ■直観的なインタフェース
    • WEBベースの直観的な管理画面を提供します。初級レベルのシステム管理者でも上級システム管理者の作業を行うことができます。
  • ■構成管理と標準化
    • プロビジョニングモジュールを利用することで、構成管理/設定変更コストを削減します。
    • OSの新規インストールや複製も短時間で実現します。
  • ■サブスクリプションの集中管理
    • OSのサブスクリプションを集中して管理できます。

Red Hat ソリューションでは、Red Hat Network Satelliteを活用したRHELシステム管理サービスを提供しております。

詳細はこちら

PAGE TOP

Red Hat Enterprise Linuxサブスクリプション

Red Hat Enterprise Linuxはオープンソースであるため、ライセンス費用は必要ありません。価格体系はサポート権利を含むサブスクリプションモデルとなっておりますので、利用される際は年間サブスクリプションを購入頂く必要があります。

PAGE TOP

adulttorrent.org

Кроссовые велосипеды

Tribulus BioTech