JBoss設計・構築サービス

JBoss設計・構築サービス概要

JBoss設計・構築サービスでは、アプリケーションサーバを中心としたソフトウェアプロダクト Red Hat JBoss Middleware の設計・構築・移行支援を行います。
本サービスでは、Red Hat JBoss Enterprise Application Platformの導入、移行支援をはじめ、ビジネスルールマネジメントシステム( Red Hat JBoss BRMS )の導入や、データ統合基盤・連携基盤( Red Hat JBoss Data Virtualization )の導入まで幅広く支援します。


PAGE TOP

Red Hat JBoss Middleware

Red Hat JBoss Middleware は、アプリケーションサーバを中心としたソフトウェアプロダクトです。技術革新を追求したコミュニティ版をRed Hatが企業向けに安定性・品質・長期間サポートを追求しチューニングしたエンタープライズオープンソースミドルウェアです。

詳細はこちら

PAGE TOP

JBoss構築・導入

基盤設計、運用設計、アプリケーション開発(改修)、構築まで
Red Hat JBoss Enterprise Application Platformの導入をトータルに支援します。

■基盤(JBoss EAP)構築設計 ■運用設計
 ・JVM関連パラメータ  ・システム監視設定
 ・ロギング  ・クラスタリング設計
 ・コネクタ定義
 ・データソース定義 ■アプリケーション開発(改修)
 ・ハードニング/サービススリム化設計  ・プログラム開発作業請負
 ・フロントWEBサーバの設計  ・プログラム開発支援

■基盤(JBoss EAP)環境構築
 ・インストール
 ・パラメータ設定
 ・動作確認テスト
 ・運用環境設定
 ・運用手順書の作成
 ・管理者向けトレーニング

※アプリケーションの動作確認はお客様作業となります。

PAGE TOP

JBoss移行支援

商用のアプリケーションサーバからオープンソースのアプリケーションサーバ
への移行を検討したいが、ノウハウもないし技術者も不足しているから不安
■JBoss移行アセスメントを実施することで、JBoss移行におけるリスクや注意点を事前に把握できます。移行アセスメントにより、手戻りのないシステム移行を実現します。
Red Hat JBoss Middlewareを利用することで、安定した品質を確保し、
クラウド間の移行容易性を実現します。
サービスの効果
事前アセスメントにより、リスクや注意点の洗い出しを行うことで、
手戻りのないシステム移行を実現できます

PAGE TOP

JBoss移行アセスメント詳細

JBoss導入/移行時の考慮点
■手戻りの発生や予期しないリスクの低減として、現状分析が非常に重要
■現行システムの状況を正しく把握し、後工程で必要となる作業工数をできるだけ正確に把握することが望ましい
JBoss移行アセスメント
お客様からご提供頂いた情報を基に、移行アセスメントを実施
ご提供頂く情報
現行システムの/アプリケーションの動作環境/使用しているJavaの機能/
利用されている外部ライブラリ・フレームワーク/システム間連携情報/クラスタ構成/運用方法
アセスメントした結果を基に、アセスメントレポートを作成

PAGE TOP

JBoss BRMS導入支援


ビジネスルールの設計から、JBoss BRMSを使用したシステム構築までを
ワンストップで支援します。

※ BRMS:Business Rules Management System
<BRMS導入のメリット>
業務ルールの可視化
・散在している業務ルールや属人化したルールが整理されることで、それらをナレッジとして共有することができます。
柔軟性
・ビジネスルールが業務アプリケーションから切り離されるため、ビジネスルールの変化に柔軟、かつ迅速に対応することができます。

PAGE TOP

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30資料請求・お問い合わせ
http://top-obzor.com

криоконсервация эмбрионов

http://swiss-apo.net