KVM仮想化基盤構築サービス概要

KVM仮想化基盤構築サービス概要

KVM仮想化基盤構築サービスでは、Linux仮想化基盤であるKVM (Kernel based Virtual Machine )を活用して仮想化基盤環境を構築します。仮想化基盤製品 Red Hat Enterprise Virtualization を活用することで、費用対効果に優れた仮想化基盤を実現できます。

KVMを利用するメリット

仮想化基盤にKVMを利用することで、一般的な仮想化によるサーバ集約効果の他に、オープンソースのメリットを享受できます。

仮想化の一般的なメリット
サーバ集約効果
・ハードウェアリソースの有効活用
・ハードウェアコスト(購入・維持)の削減
・消費電力の削減
迅速なプロビジョニング
オープンソース特有のメリット
ソフトウェアコストの削減

ベンダロックインの回避

オープンスタンダードな技術の適用

PAGE TOP

Red Hat Enterprise Virtualization

Red Hat Enterprise Virtulization はLinuxカーネルの機能であるKernel based Virtual Machine (KVM)を利用した仮想化管理基盤です。

詳細はこちら

PAGE TOP

KVM仮想化基盤構築サービス詳細

オープンソースで仮想化を実現したいが、仮想化すると障害発生時の
影響も大きくなるし、オープンソースで大丈夫かなぁ?
■KVM導入/移行アセスメントを実施することで、KVM導入/移行における効果や注意点を事前に把握できます。
Red Hat Enterprise Linux KVMRed Hat Enterprise Virtualizationを利用することで、安定した品質とWEBベースの優れた管理機能を利用できます。
■仮想化基盤の導入だけでなく、導入後の運用まで考慮した設計を実施します。
サービスの効果
事前アセスメントにより、導入効果を把握し、リスクを回避します。
現状分析から運用前試験までトータルに支援するため、効率的にKVM仮想化基盤を
導入できます。

PAGE TOP

KVM導入/移行アセスメント詳細

KVM導入/移行時の考慮点
■手戻りの発生や予期しないリスクの低減として、現状分析が非常に重要
■KVM導入/移行における費用対効果や移行難易度、監視、バックアップ等の運用方式への影響を事前に把握しておくことが望ましい
KVM導入/移行アセスメント
お客様からご提供頂いた情報を基に、移行アセスメントを実施
ご提供頂く情報
現行システムの情報/現行システムの仮想化利用状況/現行システムの詳細(現行システムの移行を検討される場合)/現行システムのネットワーク構成/現行システムのシステム監視、バックアップ方式/P2V移行の検討有無(現行システムの移行を検討される場合)
アセスメントした結果を基に、アセスメントレポートを作成

PAGE TOP

お問い合わせ ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30資料請求・お問い合わせ