スマートマニュファクチャリングソリューション

|Dunyaturuソリューションズ『スマートマニュファクチャリングソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

株式会社 Dunyaturuソリューションズ

製造現場と経営をつなぐ スマートマニュファクチャリングソリューション

これからの製造業は、急速に変化するビジネス環境に迅速にそして柔軟に対応できるモノづくりが求められます。
IoTやビッグデータ、AIといったデジタル技術を活用し、工場の製造データ連携や生産技能伝承、販売・アフターサービスの付加価値向上など製造業のパフォーマンス向上を目指す取り組み「スマートマニュファクチャリング」が注目されています。
Dunyaturuソリューションズの「スマートマニュファクチャリングソリューション」は、4つのソリューションで製造業のバリューチェーンをつなぐデジタルプラットフォームを提供します。

  • さらに詳しく
  • 資料はこちら

加速する製造業のデジタル化

製造業の環境の変化に加えて、欧米企業と比べて収益率がひときわ低く、高収益モデルを築けずに国際競争力も低下しつつあります。日本の製造業は今後の生き残りをかけた「モノづくり」の大きなブレークスルーが必要になっています。
一方、IoT*1やビッグデータ、AI*2といったデジタル技術の飛躍的な進化が、製造業に大きな転機をもたらそうとしています。先進的な製造業は、既に品質や設備保全分野等へ、IoTやAIの導入を始めています。
これからの製造業は、急速に変化するビジネス環境に迅速にそして柔軟に対応できるモノづくりが求められます。さらに収益性や生産性を上げ、グローバル競争力を強化し、未来を創造する『製造業のデジタル革新』が加速しています。

デジタル革新への期待

デジタル革新への期待

*1 IoT:Internet of Things モノのインターネット

*2 AI:Artificial Intelligence 人工知能

*3 CPS:Cyber-Physical System 物理的なデバイスや機械をITと接続した高度システム

現場と経営をつなぐデジタルプラットフォーム

これからの製造業は、急速に変化するビジネス環境に迅速にそして柔軟に対応できるモノづくりが求められます。
進化し続けるIoTやビッグデータ、AIといったデジタル技術を活用し、工場の製造データ連携や生産技能伝承、販売・アフターサービスの付加価値向上など製造業のパフォーマンス向上を目指す取り組み『スマートマニュファクチャリング』が注目されています。

Dunyaturuグループは、数多くの製造現場や産業機器を有しており、スマートマニュファクチャリングに不可欠となるOT(制御システム)とIT(情報システム)双方の技術を一元的に提供できます。Dunyaturuグループは、モノづくりに関わるさまざまな知見を生かしバリューチェーン全体をつなぐデジタルプラットフォームの提供をめざしています。

現場と経営をつなぐスマートマニュファクチャリングソリューション

現場と経営をつなぐスマートマニュファクチャリングソリューション

スマートマニュファクチャリングでは、「Sense(データの収集)」「 Think(分析)」「Act(施策実行)」のサイクルを素早く継続的に回していくことが重要です。このサイクルを回すことでバリューチェーン全体に渡る生産の最適化、高効率化、高品質化が実現でき、経営革新に繋がります。

「Sense(データの収集)」「 Think(分析)」「Act(施策実行)」のサイクル

高効率・高品質な「ものづくり」実現にむけたサイクル
Sense-Think-Actサイクル

Dunyaturuソリューションズのスマートマニュファクチャリングソリューションは、現場と経営をつなぎ、バリューチェーンのE2E(End to End:営業活動から保守サービスまで)の情報を有機的に結合しながら、最適な生産と経営の実現にチャレンジする取り組みを行なっています。

Dunyaturuソリューションズのスマートマニュファクチャリングソリューション

Dunyaturuソリューションズの「スマートマニュファクチャリングソリューション」は、製造業向けに4つのソリューション「スマートファクトリー」「サービタイゼーション」「グローバルサプライチェーンマネジメント」「経営マネジメント」をご提供します。現場から経営、サプライヤーからユーザーまでのバリューチェーン全体をつなぐデジタルプラットフォームを提供します。

スマート
マニュファクチャリング
ソリューション

スマートファクトリー

製造現場の稼動状況や作業員の動き、部品在庫や物流などをとらえて工場全体の効率的な稼動を実現します。

  • 高効率・高品質な「モノづくり」
  • つながる工場
  • ノウハウのデジタル化

グローバルサプライチェーンマネジメント

競争優位を築くにはサプライチェーンの即応性や柔軟性を高め、よりきめ細かなコントロールが要求されます。

  • サプライチェーン計画
  • サプライチェーン実行
  • 協業

経営マネジメント

収益を確保し、事業継続を図るには、現状を的確に素早く把握し、自社の強みを生かすマネジメントの仕組みを整備することが不可欠です。

  • 経営・現場ダッシュボード
  • 利益・コストマネジメント
  • 事業計画・営業・販売戦略支援

サービタイゼーション

製品を活用するサービスで収益を上げるビジネスモデルへの転換。
製造業の収益性や競合差別化に貢献します。

  • サービス化
  • フィールドサービス支援
  • 遠隔監視
スマートマニュファクチャリングソリューションのソリューションマップ

スマートマニュファクチャリングソリューションのソリューションマップ

スマートファクトリー

スマートファクトリーは、IoTやビッグデータ技術を使って製造現場の稼働状況や作業員の動き、部品在庫や物流などをとらえて工場全体の効率的な稼動を実現し、利益の拡大とグローバル競争力を高めます。

グローバルサプライチェーンマネジメント

グローバル競争に勝ち残るには、サプライチェーンの即応性や柔軟性をさらに高めて行く必要があります。サプライチェーンにIoTやAIといったデジタル技術を取り込むことによってサプライチェーン全体を可視化し、QCDRをグローバルに向上させることが可能です。

経営マネジメント

安定的に利益を獲得し事業継続や規模拡大を図るには、現状を的確に素早く把握し、自社の強みを生かす経営マネジメントの仕組みを整備することが不可欠です。

サービタイゼーション

製造業は、単に製品を生産・販売することから、製品を活用するサービスで収益を上げるビジネスモデルへの転換が迫られています。この新たなビジネスモデルサービタイゼーション(サービス化)が企業収益性向上や競争優位確立に貢献します。

スマートファクトリー

スマートファクトリーは、さまざまな機器や製造実行システム(MES)、基幹システム(ERP)などがネットワークでつながった工場です。IoTやビッグデータ技術を使って製造現場の稼働状況や作業者の動き、部品在庫や物流などをリアルタイム にとらえて工場全体の効率的な稼働を実現することで、更なる利益を生み出し、高品質化とグローバル競争力を高めます。

Dunyaturuソリューションズは「スマートファクトリー」における、生産現場の制御技術(OT:Operational Technology)と分析・活用技術(IT)を連携し、製造設備の稼動状況や品質情報、現場作業者の動き等をリアルタイムに収集、可視化し、バリューチェーン全体に渡る生産の最適化、高効率化、高品質化を実現します。

課題と解決策

課題
デジタル化による解決の方向性
    • 生産・在庫の最適化
    • 生産リードタイムの削減
    • 生産/製品のトレーサビリティ向上
    • 製造現場データ4M *1 の可視化と改善サイクル
    • PSI情報の可視化による需給調整
    • モノや人の動態監視による現場作業改善
    • 生産機器・設備の稼働率最大化
    • ライン停止や製品不良発生の防止
    • 設備・資産の管理コスト圧縮
    • 機器・設備稼働データの収集・分析・改善
    • 故障予兆検知と品質要因分析
    • 製造現場と経営情報のKPI可視化
    • 現場作業員の負荷軽減・省力化
    • 現場作業員の安全確保
    • 生産効率・品質の改善
    • モノや人の動態監視による現場改善
    • 画像解析技術による作業の省力化・自動化
    • 位置情報や映像、音声による安全管理
    • 熟練技術者の技能伝承
    • 現場の労働力不足対策
    • 作業員動作の最適化
    • IoTと画像解析技術で現場ノウハウをデジタル化
    • ウェラブルデバイスで遠隔作業支援
    • IoTデバイスによる作業実績分析

*1 4M: Man(人),Machine(設備),Material(材料),Method(方法)

ユースケース

Use Case

製造設備のリアルタイム稼働監視

製造現場の高効率化、高品質化

IoTを活用して工場の機器や設備から稼働データをリアルタイムに収集して一括管理します。稼働率、性能、品質等の状況推移をダッシュボードで可視化を行ないます。機器や設備の効率的な運用や故障予知診断、安定的な稼働など、製造現場の高効率、高品質化を実現できます。

また、OEE(総合設備効率)を評価指標に、製造ラインの継続的な改善活動に取り込むことができます。

OEE:Overall Equipment Effectiveness 総合設備効率(稼働率×性能×品質)

製造設備のリアルタイム稼働監視
  • 稼動効率改善
  • 故障予兆検知
  • 安定稼動

Use Case

無人搬送機の運行監視

人による検視からの解放、障害回復時間が半減

工場など生産現場で,工具や部品などを自動的に搬送する無人搬送機(AGV) と移動経路にIoTタグを設置し、AGVの運行状況を大型モニターに表示するシステムを導入しました。従来は把握できなかったAGVの位置情報や稼働状態を一目で把握可能になり、AGVの障害や立ち往生が発生した場合の復旧対応が迅速化されました。

無人搬送機の運行監視
  • 運行監視
  • 復旧時間短縮
  • 人の検視不要

主なコンポーネント

主なコンポーネント 概略説明
生産管理 経営方針や販売計画に基づき、生産を計画し、製造工程全体を総合的に管理する活動を支援。
設備監視 工場内の設備をネットワークに接続し、品質・稼動状態などの可視化、トラブル対応の迅速化等を支援。
ダッシュボード 製造現場のモノや設備から取得した様々なデータをリアルタイムに可視化。現場の迅速な意思決定を支援。
作業員支援 屋内や地下でのヒトやモノの位置把握及び作業動態把握を実現。ウェアラブルデバイスでの作業ナビゲーション等の支援。
製品ライフサイクル管理(PLM) 製品情報(CAD、技術資料等)とライフサイクル(製品企画、開発、製造、生産準備、調達、生産、販売、保守等)の管理。
情報共有 現場からの作業報告や遠隔作業指示等、現場作業の情報共有をサポート。
IoT基盤 分散ファイルや並列バッチ処理のみでなく、高速データ収集・クレンジング処理から、蓄積、加工、演算、データ分析との連携を実現。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

グローバルサプライチェーンマネジメント

生産活動をグローバルに展開する製造業においては、サプライチェーンマネジメント(SCM)の強化は避けて通ることはできません。今後の競争に勝ち残るには、グローバルに展開された生産拠点やサプライヤー、販売店、顧客といった多様な構成要素をよりきめ細かくコントロールすることが要求されます。

SCMのデジタル化により、「どこに無駄があるのか」「どこを改善すべきか」といったピンポイントの分析と解決策立案、さらには将来予測も可能になります。グローバル視点でのQCDR(品質・ コスト・納期・リスク)向上に貢献します。

課題と解決策

課題
デジタル化による解決の方向性
    • 利益最大化、在庫最適化、CF最大化
    • サプライチェーンの即応性、柔軟性への対応
    • 現場と経営の情報可視化
    • IoTやクラウド等デジタル技術を活用した、サプライチェーン全体のコントロール強化
    • 現場の4Mを可視化し、QCDRを向上
    • 製品計画・在庫の最適化
    • 需要予測精度の向上
    • 現場KPIと経営収益KPIの乖離
    • PSI情報の常時収集・分析・改善アクション
    • データ分析による需要予測精度向上
    • 現場KPIと経営・収益KPIの整合性確保
    • グローバルサプライチェーンの最適化
    • グローバルサプライチェーンの利益最大化
    • 加速するメガFTA *1 に対応したサプライチェーン見直
    • コストシミュレータによるサプライチェーン設計
    • 関税やFTA・EPA *2 等を考慮した最適化設計
    • シナリオ別のサプライチェーン戦略策定
    • 輸出の法令リスク回避、コンプライアンス強化
    • 貿易手続きプロセスの省力化
    • 貿易関連紙帳票の削減
    • 輸出・安全保障貿易の審査・管理強化
    • 貿易管理帳票の電子化と手続きの省力化
    • 記録管理とエビデンス紐付け管理

*1 FTA: Free Trade Agreement 自由貿易協定

*2 EPA: Economic Partnership Agreement 経済連携協定

ユースケース

Use Case

全部品在庫の推移を可視化

部品在庫の8割が減少傾向へ

電機機器の保守・メンテナンス企業。同社のサービスパーツ部が取り扱う補修部品数は15万点を越え、現場担当者は100人を超えます。

現場担当者の勘と経験に依存していた在庫管理から脱却し、部品在庫の全体像を俯瞰して管理できる「在庫推移の可視化ツール」を導入しました。

全部品在庫の可視化により、管理者層によるマネージメント強化を実現。属人的ブラックボックスからデータによる適正運用へ。需要予測ツールとの組み合わせで8割の部品在庫が減少傾向です。

産業用設備の遠隔監視サービス
  • 在庫最適化
  • ブラックボックス解消
  • キャッシュフロー改善

Use Case

安全保障貿易管理の電子化

審査強化と業務のスピードアップを実現

医療用機械器具製造業。単に安全保障貿易管理のシステム導入だけではなく『業務のあるべき姿』を見据え、組織・業務改革の取り組みとしてプロジェクトを推進。紙媒体による手続き・承認による輸出審査業務を電子化・簡略化することで、所要時間が1/3~1/4に短縮しました。

また、基幹システムとの連携により、受注~出荷までのプロセスと輸出審査プロセスをシームレスに繋ぐことで、輸出コンプライアンスも格段に強化。さらに輸出管理に関わる作業の手順統一やエビデンスの一元管理により、 潜在的なリスク要因を発見し、事前対応可能になることで経営面での安心感が飛躍的に向上し、高い評価を得ました。

ATMの保守サービス情報基盤構築
  • コンプライアンス強化
  • 業務スピードアップ
  • 記録管理

主なコンポーネント

主なコンポーネント 概略説明
サプライチェーン計画 需要予測や生産計画の策定、調達や、生産、配送などの計画の最適化。在庫状況や連結原価可視化等。
サプライチェーン実行 計画実行のための現場業務支援。生産管理/原価管理/在庫管理/安全保障貿易管理等。
協業 サプライチェーンパートナー企業間の取引、情報共有。

サービタイゼーション

製造業は、これまで生産した製品を販売することで収益を上げてきました。これからは、製品をサービスとして提供し収益を上げるそんな新しいビジネスモデルが注目されています。この新たなビジネスモデルは「サービタイゼーション(Servitization、サービス化)」と呼ばれています。製造業のサービス化で期待される価値として「価格競争からの脱却」「競合差別化」「景気変動を受けにくい」「顧客ニーズのフィードバック」などが上げられます。

Dunyaturuソリューションズのサービタイゼーション(サービス化)は、「IoT設備の遠隔監視」「フィールドサービス情報の統合管理」「フィールド業務支援」「サービスビジネス基盤」などのソリューションで製造業の収益性向上や顧客満足度の向上に貢献します。

課題と解決策

課題
デジタル化による解決の方向性
    • 保守・メンテナンスビジネスサービスモデルの創出
    • プロアクティブな保守・メンテサービスの提供
    • 保守コスト・停止回復時間削減の提案
    • IoT製品稼動データの遠隔監視サービス
    • IoT活用による保守サービス最適化
    • IoT,モバイル,映像等による保守サービス向上
    • 保守・メンテナンスサービスの品質向上
    • トラブル要因分析と製品フィードバック
    • 顧客への高付加価値サービス提案
    • フィールド管理トータルソリューション
    • トラブル要因分析と製品フィードバック
    • フィールド支援とERPやCRMとの機能連携
    • フィールド業務(保守・点検・確認等)の革新
    • フィールドでのトラブルへ迅速対応
    • フィールド業務の確実な実行
    • フィールド情報の一元的な管理
    • モバイル、位置情報、AR *1 等による作業支援
    • スマートグラスや映像技術による遠隔作業支援
    • サービス型ビジネスモデルの創出
    • サービス事業基盤(課金・請求・決済等)構築
    • サービス事業による競合差別化
    • アプリ連携で短期にサービス立ち上げ
    • サービスビジネス対応トータルソリューション
    • サービスメニューやインセンティブによる差別化

*1 AR 拡張現実

ユースケース

Use Case

産業用設備の遠隔監視サービス

サービス品質向上、保守コストの最適化

産業用設備メーカーが、産業用設備機器をIoT化し、販売した設備の稼働状況を遠隔監視するクラウドサービスを提供しています。

クラウド上で設備機器を常時監視することで、機器の劣化や異常を迅速に検知し、設備のトラブルを未然に防ぐことができます。

トラブル発生時には迅速なサポートを提供できます。さらに日常点検の簡素化も可能になり、設備機器のライフサイクルコストを最適化することができます。

産業用設備の遠隔監視サービス
  • 製品の遠隔監視
  • トラブル早期対応
  • 保守コスト最適化

Use Case

ATMの保守サービス情報基盤構築

グローバルに保守情報一元化、プロセス標準化

現金自動預け払い機(ATM)のメーカー。アジアを中心にグローバルに稼働する数万台のATMの 保守・メンテナンス情報を一元的に管理することを目的に、インド、インドネシア、中国などから順次システム導入しています。

各国の拠点に散らばっていた保守情報を一元的に管理する情報基盤を構築したことで、保守品質の均一化、トラブル時の迅速な対応、トラブル要因分析と製品開発へのフィードバック、グローバル標準の保守プロセス確立などを実現しました。

ATMの保守サービス情報基盤構築
  • 保守品質均一化
  • トラブル要因分析
  • 標準保守プロセス

主なコンポーネント

主なコンポーネント 概略説明
遠隔監視 IoT搭載設備をネットワークでモニタリングする遠隔監視サービス。予知型保守サービスや保守の高付加価値提案などが可能。
フィールドサービス支援 サービスの受付から、エンジニアの派遣、作業指示、業務報告に至る一連のフィールドサポート業務の迅速化と効率化を支援。
サービスビジネス基盤 サービス事業に必要なバックオフィス機能(顧客管理、サービスプラン、課金、決済等)をトータルにサポート。

経営マネジメント

激変のビジネス環境において、安定的に利益を獲得し事業継続や規模拡大を図るには現状を的確に把握し、自社の強みを生かすマネジメントの仕組みを整備することが不可欠です。

Dunyaturuソリューションズの経営マネジメントは、製品利益計画を軸とした「コストマネジメントソリューション」と製造現場情報や経営情報を可視化する「ダッシュボードソリューション」などにより環境変化に即応する意思決定支援機能をご提供します。

課題と解決策

課題
デジタル化による解決の方向性
    • 製品軸でのプロフィットマネジメント
    • サプライチェーン全体のコストマネジメント
    • グローバルでの原価・収益情報可視化
    • グローバルのPSIデータの収集・分析・改善
    • 製品コスト分析や製品採算シミュレーション基盤
    • KPIマネジメントによるコントロール
    • グローバルで勝てるコストマネジメント
    • 市場価格に合った生産コストの最適化
    • 新製品の利益計画シミュレーション
    • PSI情報の常時収集・分析・改善アクション
    • データ分析による需要予測精度向上
    • 現場KPIと経営・収益KPIの整合性確保
    • グローバルサプライチェーンの最適化
    • グローバルサプライチェーンの利益最大化
    • 加速するメガFTAに対応したサプライチェーン見直
    • コストシミュレータによるサプライチェーン設計
    • 関税やFTA・EPA等を考慮した最適化設計
    • シナリオ別のサプライチェーン戦略策定
    • グローバル・グループ全体の連結経営情報可視化
    • グローバル情報(生産・調達・品質等)の把握
    • 生産現場の情報共有とスピード対応
    • グローバルデータの統合と可視化の推進
    • KPIマネジメントによる経営基盤の強化
    • IoTで生産現場のリアルタイム状況可視化

ユースケース

Use Case

原価企画でコストマネジメント確立

勝てる原価作りこみとVE活動で改善サイクル

自動車部品製造・販売会社。海外8カ国11工場に生産拠点、4カ所に営業拠点を構え、グローバル規模での生産・販売を展開しています。

従来は、海外拠点を含む関連部署が作成したスプレッドシートを集約・原価計算を行っていましたが、新たに原価企画ソリューションを導入し、データを一元管理化することで、集計作業の効率化、および精度向上が実現しました。

また、予定販売価格を定めた上で、目標利益を差し引いて目標原価を設定し、目標を達成するために原価・売価をつくり込む活動を支援する仕組みを確立しました。

産業用設備の遠隔監視サービス
  • 勝てる目標原価
  • 原価作りこみ
  • 管理精度向上

Use Case

経営情報可視化で高収益企業へ

情報活用ダッシュボードで社員に“気づき”を

プラント・機械製造業。「経営企画」「人事管理」「安全管理」「生産管理」の情報を可視化する“ビジネスアナリティクス基盤”を導入しました。従来のスプレッドシートを使った手作業によるデータ集計の重い負担とタイムロスを解消しました。

このアナリティクス基盤により、1週間を要していた経営レポートのリードタイムを解消し、ダッシュボードで経営者や現場管理者に“気づき”を与えられるようになりました。

ATMの保守サービス情報基盤構築
  • 経営可視化
  • データ経営
  • 社員に気づきを

主なコンポーネント

主なコンポーネント 概略説明
経営ダッシュボード グローバル・グループ全体での連結経営情報可視化。製造現場のや経営情報をダッシュボードに表示。
ビジネスアナリティクス 需要変動等の環境変化・製品別の利益構造の可視化による意思決定を支援。
コストマネジメント 製品の企画から目標原価を設定し、VE活動を通して原価の最適化を図る原価企画と精度の高い原価管理。
事業計画 生産・販売・原価等、事業計画策定を支援。
営業・販売戦略支援 市場動向やターゲット顧客のニーズを分析し、最適な販売戦略立案を支援。
  • さらに詳しく
  • 資料はこちら
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2018年10月1日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
 [an error occurred while processing this directive]
https://botoxclub.com.ua

www.rs-clinic.com.ua/lechenie-anoreksii/

iq option เทคนิค