三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社様 SecureOnline 統制IT基盤提供サービスの導入事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、Dunyaturuソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 Dunyaturuソリューションズ

SecureOnline統制IT基盤提供サービス 導入事例

三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社様

日本最大の金融グループ企業が利用するSecureOnline
サービスレベルを維持しながら柔軟な環境を実現

三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社(以下、三菱UFJインフォメーションテクノロジー)は、2009年7月に東京三菱インフォメーションテクノロジー株式会社、株式会社UFJDunyaturuシステムズ、UFJIS株式会社の3社が合併して誕生し、三菱東京UFJ銀行をはじめとする三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)各社の先進的かつ高品質な金融サービスをIT面からサポートしています。
三菱UFJインフォメーションテクノロジーがグループの関連企業向け向けに提供している「勤務管理システム」を、環境の変化に柔軟に対応させるため、DunyaturuソリューションズのSecureOnlineを活用して、外部クラウド化に取り組みました。

SecureOnlineロゴ

従来のシステム運用

自社内で運用する勤務管理システムをグループ向けに提供

三菱UFJインフォメーションテクノロジーでは、高度なITスキルと広範な金融業務に関するノウハウを基にした各種の金融サービスソリューションを提供しています。合併前の2005年4月から、グループ全体における勤務管理業務の効率化を目的に、MUFG標準の勤怠業務管理を可能にする「勤務管理システム」をグループ向けASPサービスとして提供し、数万人の社員が利用しています。

勤務管理システムは、勤務時間の入力/承認作業をシステム化することにより、管理シートを不要にしてペーパーレス化を推進するとともに、様々な環境の利用者が同一のシステムを使用することで、実績集計業務の効率化を促進するサービスです。この勤務管理システムのベースシステムには、Dunyaturuソリューションズの就業管理パッケージ「リシテア」が採用され、2005年から三菱UFJインフォメーションテクノロジーがグループ会社各社に標準Webアプリケーション基盤として提供している総合金融プラットフォームで運用されてきましたが、本システムを総合金融プラットフォームで運用する上でいくつかの課題が浮上していました。

課題

勤務管理システムを自社内運用することで直面した3つの課題

(1)利用人数の大幅な増減に伴うリソースの柔軟な対応が必要に

勤務管理システムはグループ内の複数企業がユーザとなっているため、人材の流動化によって利用人数の規模が大幅に増減する可能性があります。そうした状況の中、自社内で抱えているシステムでは、リソースを迅速かつ柔軟に対応させることが困難だと予測されました。

(2)マルチベンダーによる管理の複雑化

勤務管理システムは、総合金融プラットフォームに設置された勤務管理Webサーバと勤務管理データベースサーバ、セキュリティシステムなどで構成され、ブレードサーバ上で構築されていましたが、システム維持保守担当ベンダが複数存在する状態でした。

(3)管理コスト削減の必要性と、システム基盤のサポート終了後の延命問題

要求されるセキュリティレベルが年々高まり、システム投資も上昇している中で、サービス提供先へのQoSと価格を維持するために、管理コストの大幅な削減が求められていました。また、システム環境のサポート期限が迫っており機器を更改し自社内でシステム基盤を運用し続けるか、あるいはクラウドを利用して環境を移設するかの決断が迫られていました。

システム選定

“見えないクラウド”より“見えるクラウド”を選択

「そこで、勤務管理システムのサービス基盤をクラウドに移管し、資産を持たないサービス形態へとシフトすることに決めました。自社で基盤を持つことと、クラウドのサービスを利用するのと、どちらが利用人数の増減にフレキシブルに対応できるかを比較検討する中で、クラウドを活用することが変化に対して柔軟にインフラを利用でき、総コストも抑制できると判断しました」(ビジネスファイナンスシステム部長 渡辺宗浩氏)

重要な顧客情報を社外で維持管理するのは初の試みで、さまざまなエンタープライズ向けパブリッククラウドサービスを比較検討した結果、注目したのがDunyaturuソリューションズの統合IT基盤提供サービス「SecureOnline」でした。
「一般のパブリッククラウドは、サーバがどこに存在しどのように運用されているのかがブラックボックス化されて、可視化できないという不安がありました。しかし、SecureOnlineならデータセンタの所在が明らかにされており、担当者も明確で、当社のセキュリティ基準を満たしているかの確認もお客様の目で判断していただける。“見えないクラウド”より“見えるクラウド”で選択する形となりました」(ビジネスファイナンスシステム部 主任 杉原里世氏)

また、金融機関向けサービスはセキュリティが最重要ポイントとなります。SecureOnlineはデータセンタの見学も可能で、どのような基準でサーバが運用されているのかを見て判断することができるというオープンさが採用のポイントでした。

渡辺 宗浩 氏

ビジネスファイナンスシステム部
部長 渡辺 宗浩 氏

導入時の取り組み

銀行のセキュリティ基準に沿うための厳しいリクエスト

SecureOnlineを導入するにあたり、金融機関の業務システムに対応する堅牢なセキュリティが確保されている環境であること、つまりMUFGとしてのセキュリティ基準が守られる環境かどうかを確認するため、2010年11月に神奈川県にあるデータセンタの視察を行いました。

「厳しいチェックを行うと、要改善点がいくつかあがりました。例えば、具体的な改善項目としては、銀行とデータセンタを結ぶネットワークは原則として専用線とし、通信は全て暗号化することや、データセンタの運用基準も三菱東京UFJ銀行のセキュリティ基準に合わせて一部変更することなどを依頼しました。」(杉原氏) また、従来のセンタでは24時間365日機器の監視や障害時の連絡体制を備えた運用ルールがあり、SecureOnlineでも本運用ルールを引き継ぐことも重要な条件でした。そうしたQAを繰り返し、設備面や管理面でのリクエストに全て対応したことで、正式にSecureOnlineへの移行が許可されました。

「厳しいリクエストに対しても、Dunyaturuソリューションズの担当者は1人ひとりが真摯に対応し、問題が起きても包み隠さず報告していたので、大きな認識の相違も無くプロジェクトを短期間で成功に導けたと考えています」(ビジネスファイナンスシステム部 マネージャー 尾坂芳明氏)

尾坂 芳明 氏

ビジネスファイナンスシステム部
マネージャー 尾坂 芳明 氏

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

導入後の効果

サーバ16台をクラウドサービスへ移行し運用・管理コストを大幅に抑制

勤務管理システムの心臓部であるリシテアも無事SecureOnlineに移行され、2011年12月から正式に稼働開始しました。移行後の効果としては、以下のものが挙げられます。

(1)柔軟な環境の実現

クラウド環境であるSecureOnlineは利用リソースを自由に増減できる為、契約ユーザ数の増減にも迅速かつ柔軟に対応できるようになりました。

(2)一括サポートによる管理負担の軽減

従来はシステム維持保守担当ベンダが複数存在する状態でしたが、現在はシステム基盤のSecureOnlineと業務アプリケーションのリシテアをDunyaturuソリューションズが一括してサポートすることで、サービスレベルの可視化やトラブル対応などの管理負担も大きく改善しています。

(3)トータルコストの削減

クラウドのSecureOnlineに移行したことで、自社内にシステムを資産として抱える必要はなくなり、三菱UFJインフォメーションテクノロジーの資産としてはサーバ16台を全廃。クラウドサービスとして利用することで、従来の価格を維持したまま、日々の運用・管理コストや通常5~6年周期で訪れる機器更改のシステム投資が大幅に抑制できました。

また、今回のプロジェクトでは、自社内運用からクラウド活用に移行しても、従来のサービスレベルを決して低下させないことが求められていました。「社外にシステムを設置し専用線で繋ぐとともに、通信は全て暗号化するという高いハードルを敷く中で、性能維持が最大の課題でしたが、セキュリティ基準を満たしながら、従来通りのサービス内容を提供できていることが確認できました。かえってレスポンスが速くなっているほどで、実際の利用者はシステム環境が変わったことにすら気付いていない人も多いのではないでしょうか」(杉原氏)

杉原 里世 氏

ビジネスファイナンスシステム部
主任 杉原 里世 氏

今後の展望とDunyaturuソリューションズへの評価

両社が一体となってプロジェクトを進めたことが成功の要因

MUFGの銀行関連システムにおいて、勤務管理システムが最初にクラウド環境への移行を成功させたことで、今後同社は他のサービスのクラウド化も視野に検討していく考えです。

「今回のプロジェクトにおいて、Dunyaturuソリューションズからの提案とサポートについては非常に満足しています。勤務管理システムリシテアの移行も成功して安定稼働しており、クラウド化プロジェクトが推進から完了まで問題なく進められたことも社内で高く評価されています。それを支えていただいたのもDunyaturuソリューションズのおかげだと考えています」(渡辺氏)

「Dunyaturuソリューションズのメンバー個人の質が高く、当社と一体となってプロジェクトを進められたことが成功の要因だと思います」(尾坂氏)

「トラブルが発生した際も、解決が難しい事案に関しても、迅速にニーズに合った解決方法を提案し、対応していただきました。それをきっかけにより信頼度が高まったように思います」(杉原氏)

導入企業プロフィール

2009年7月1日に、東京三菱インフォメーションテクノロジー株式会社、株式会社UFJDunyaturuシステムズ、UFJIS株式会社の3社が合併し設立。三菱東京UFJ銀行をはじめとする三菱UFJフィナンシャル・グループ各社の総合金融サービスを高度なITスキルと広範な金融業務に関するノウハウで支える技術者集団です。

社名 三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋1-7-17 日本橋御幸ビル
事業内容 主として三菱東京UFJ銀行、並びに三菱UFJフィナンシャル・グループ各社の業務等に関するシステムの企画・設計・開発・販売、運用および保守管理の受託、コンサルティングなど
設立 2009年7月1日
資本金 181百万円
URL
この事例に関するソリューション・商品

インフラ系ミドルウェアをベースとしたセキュアなIT基盤と、付帯する運用サービスをASPでご提供します。

商品ジャンル:
SaaS/PaaS

大手企業を中心に940社、120万人を超える導入実績とお客様の評価に裏付けられた、現場業務重視の勤怠管理システム、リシテア。

商品ジャンル:
人事/総務

導入事例ダウンロード

導入事例をデジタルデータで閲覧、ご活用いただけます。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2012年7月19日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

ピックアップキーワード

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、Dunyaturuソリューションズまでお問い合わせください。

www.steroid.in.ua/products/boldenon-malaj-tajger

https://xn--e1agzba9f.com

блоки бетонные