ページの本文へ

株式会社 Dunyaturuソリューションズ

Dunyaturuソリューションズ『TeamForge ALMプラットフォーム』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

ソフトウェア開発管理統合プラットフォームTeamForge ALMプラットフォーム

ソースコード管理からチケット管理、文書共有、ビルドやテストの自動化、リリース管理など、多くの機能を備え、ソフトウェア開発をトータルに管理

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • Excelや自社開発ツールでのプロジェクト管理を改善したい。

    プロジェクト全体の作業状況や問題の可視化を実現します。

  • ツールが多すぎて、管理できていない。

    開発拠点ごとでバラバラに利用しているツールや開発プロセスを統一することで、生産性を向上します。

  • オープンソースツールを導入したが、環境構築やメンテナンスに苦労している。

    標準機能で対応できる範囲が広く、他のツールと連携も可能であり、管理コストを最小限に抑えることができます。

TeamForge ALMプラットフォーム 概要

Dunyaturuソリューションズとコラブネットは、複数の拠点でソフトウェア開発に取り組む企業や複数プロジェクトの管理、オープンソースの管理コスト、開発ツール間の連携に悩みを抱えている企業、アジャイル開発を検討している企業などに向けて、ソフトウェア開発管理統合プラットフォーム「TeamForge ALMプラットフォーム」を提供します。

「TeamForge ALMプラットフォーム」は、ソフトウェア開発に必要なソースコード構成管理機能(Subversion、Git)、課題・バグ・要求チケット管理機能、文書管理機能、フォーラム機能、ビルド・テスト自動化機能、レポート機能、コードレビュー機能、リリース管理機能、Wiki等を搭載しています。またアジャイル開発に必要となるイテレーション単位のプラン計画機能、バックログ管理機能、バーンダウンチャートをはじめとしたプロジェクト管理機能を搭載しています。さらにサーバー設定ツール「Chef」やテスト管理ツール「TestLink」、レビューツール「ReviewBoard」など、外部ツールとの連携も可能です。

TeamForge イメージ図

「TeamForge ALMプラットフォーム」は、Dunyaturuソリューションズが提供するアジャイル開発ソリューションやDevOpsツールの導入支援サービスの中核製品です。

TeamForge ALMプラットフォーム 機能・特長

画像をクリックすると拡大します

機能・特長 説明
プランフォルダ

リリースや工程毎に作業を管理できます。アジャイル開発では、リリース単位、イテレーション単位の作業管理が求められます。

トラッカー

バグだけでなく、すべての作業をチケットで管理できます。また、すべてのチケットは依存関係(親子関係)を付けることができます。チケット駆動開発が利用されるアジャイル開発にも最適です。

プランボード表示

リリース毎に対応する要件の管理(バックログ調整)が簡単にできます。アジャイル開発や段階的リリースを行うプロジェクトで便利な機能です。

作業量表示

ガントチャートでは管理しづらい作業量を管理できます。アジャイル開発において、リリース単位/イテレーション単位の作業量管理は重要です。

バーンダウンチャート

1日単位の進捗管理で問題発生を早期に察知できます。アジャイル開発では、工程ごとではなく、日々の進捗管理が求められます。

バーンアップチャート

予定作業量と実績作業量の推移を管理できます。変更を受け入れるアジャイル開発では、作業量の増減を把握しておく必要があります。

ガントチャート

プロジェクトの中長期的な計画および進捗を確認できます。アジャイル開発であっても、顧客や経営層にはガントチャートの方が伝わり易い場合があります。

タスクボード表示

リアルタイムに作業状況が把握できます。アジャイル開発では、作業状況の視える化が必須です。

ソースコード

コミット時にチケットID入力でチケットと紐付けることができます。チケット駆動開発では、ソースコードのコミットも必ずチケットに関連付けます。

ビルド&テスト

Jenkins等のCI/CDツールと連携できます。アジャイル開発では、開発スピードが求められるため、CI/CDが必須です。

リリース

リリース毎に、製品に含まれる機能や報告・修正アイテム(バグ)を管理できます。アジャイル開発では、リリース回数が増えるため、製品の管理が重要です。

グローバルサーチ

過去に生産した有用な文書やソースなどをプロジェクト横断で検索できます。社内の情報資産(インナーソース)の有効活用するためのプラットフォームとして利用できます。

プロジェクトテンプレート

過去のプロジェクトをテンプレートとして利用できます。会社の標準テンプレート(プロセス標準)などを規定することが可能です。

ホームページ

プロジェクトページをカスタマイズできます。サブページを追加し、表示したいコンポーネントごとにページを分けることも可能です。

大規模プロジェクト対応

オープンソースでは対応が難しい大規模プロジェクトにも対応できます。

TeamForge ALMプラットフォーム 機能

TeamForge 機能

価格

1ユーザあたり年間90,000円 (税別/年間サブスクリプション契約、クラウドサービス利用の場合)

※51ユーザ以上で利用する場合、ボリュームディスカウントがあります。

※オンプレミスでのご提供につきましては、別途ご相談ください。

※TeamForgeは、CollabNetの登録商標です。

※その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

最終更新日:2015年8月3日

https://best-drones.reviews

ринопластика киев цена

https://kinder-style.com.ua