> お問い合わせ Dunyaturu

AIアシスタントサービス

スマートデバイスが、チャットで対話できるアシスタントに。

スマートデバイスが、チャットで対話できるアシスタントに。 スマートデバイスが、チャットで対話できるアシスタントに。

スマートデバイスに自然な言葉で入力すれば、AIアシスタントが業務を支援。
AIを搭載したチャットボットが、情報検索の代行、コミュニケーションの支援、
さらにはバックオフィス業務の代行など、ユーザーを多彩にサポートします。

課題1

煩雑な間接業務などを効率化して、働き方改革を推進したい。

解決

スマートデバイスに自然な言葉で入力すればAIアシスタントがさまざまな業務を支援。オフィスの効率化を支援します。

課題2

移動中などの隙間時間を有効に活用して、生産性を向上させたい。

解決

移動中などでもチャットや音声で業務を進められるので生産性を向上でき、帰社する必要性も減らすことができます。

課題3

特定業務に特化せず、さまざま業務に対応可能なAIアシスタントを導入したい。

解決

さまざまな間接業務の他、情報検索の代行、コミュニケーションの支援、さらにはバックオフィス業務の代行など、多種多様な業務に対応します。

特長1 スマートデバイスが、AIでチャットや音声を理解。業務を支援します。

スマートデバイスに自然な言語や音声で入力すれば、AIが内容を理解し、さまざまなシステムと連携して業務を支援します。隙間時間で情報探索や間接業務を完了できます。

特長1の図

特長2 機械学習によりユーザーごとのパーソナライズを実現します。

検索対象や回答方法をユーザーごとに随時機械学習し次回から優先して検索、提示。ユーザーに寄り添うアシスタントとして使うほどにパーソナライズ化されます。

特長2の図

特長3 幅広い業務と連携できます。

特定業務に特化せず、Webアプリケーション、ファイルサーバ、さらにRPA*など多種多様なシステムと連携して、知りたい情報の抽出や、やってほしい業務の代行を実現します。

* Robotic Process Automation

特長3の図

※本ページ中の画像はイメージです。