≫ 全銀協手順通信プログラム BSC対応版 ≫ 製品ラインナップ
 製品ラインナップ |一次局二次局
 
製品概要対応OS対象言語提供関数画面紹介通信規格
全銀協パソコン用標準手順の一次局(端末側)仕様をサポートしています。 (ファイル伝送機能のみ)
 
製品概要  
全銀協手順通信プログラム(一次局)は、全国銀行協会連合会(全銀協)パソコン用標準通信手順の一次局(端末側)をサポートするソフトウェアパッケージです。パソコン手順とベーシック手順に対応しています。
Windows Server 2008 、Windows 7 、Windows 10 の環境に対応しています。
各通信条件を設定するユーティリティプログラムが標準で付属していますので、プログラムを作らなくても実行可能です。
また、独自にシステムを開発する場合は、ユーティリティと同様の機能をDLL(ダイナミックリンクライブラリ)で提供していますので、アプリケーションの一部として、組み込むことも可能です。
添付ハードウェアは専用です。機器構成は、モデム・ボードのページをご参照ください。
 
通信相手別に通信条件が設定可能 (最大50種類)
自動ダイヤルの発信機能(V.25bis)
自動ダイヤル番号を60桁まで指定可能
全銀協伝送制御電文の自動生成
電文長を256/512/1024/2048バイトから選択可能
伝送テキストのブロッキング可能
時刻指定での自動通信実行機能 (当日のみ)

1ディスクファイル単位の照会または連絡 (マルチファイル転送、複数ファイル転送には対応しておりません。)

可変長レコード/固定長レコードの配信
透過モードをサポート
パソコン手順、ベーシック手順に対応
通信時のトレース機能 (メンテナンス用)
サンプルプログラム(ご参考用)の添付
【注意】
本製品はコード変換機能をサポートしておりません。
お客様でコード変換ツールをご用意いただくか、予めコード変換されたファイルを通信にご使用ください。
連絡(ファイル送信)処理 (一次局の場合)
照会(ファイル受信)処理 (一次局の場合)
対応OS  
  下記のOSでの動作確認を行っております。(※64bitOSには対応しておりません)
・ Windows Server 2008 SP2 (32bitモード時のみ動作可)
・ Windows 7
・ Windows 10
→動作確認の範囲について
対象言語  
  Visual Basic、Visual C++、その他DLL呼び出しができる言語
提供関数  
 
ZgnConfig( ) // 通信を実行する条件を設定します。
HatranConfig( ) // 通信結果を表示します。
ZgnTrans( ) // 通信を実行します。
ZgnEndinfo( ) // 通信の終了情報を表示します。
画面紹介  
登録名称の設定 通信条件の設定 通信手順の設定 通信実行状態
通信条件を管理する登録名称を設定する画面です。 通信モードや電文長、電文ファイル等、通信に関する条件を設定する画面です。 回線速度や回線種別等の通信手順に関する条件を設定する画面です。 通信実行中の画面です。
<<< 上部図をクリックすると、下部に拡大されます >>>
製品概要対応OS対象言語提供関数画面紹介通信規格
全銀協パソコン用標準手順の二次局(センター側)仕様をサポートしています。 (ファイル伝送機能のみ)
製品概要  
全銀協手順通信プログラム(二次局)は、全国銀行協会連合会(全銀協)パソコン用標準通信手順の二次局(センター側)をサポートするソフトウェアパッケージです。パソコン手順とベーシック手順に対応しています。
Windows Server 2008 、Windows 7 、Windows 10 の環境に対応しています。
各通信条件を設定するユーティリティプログラムが標準で付属していますので、プログラムを作らなくても実行可能です。
また、独自にシステムを開発する場合は、ユーティリティと同様の機能をDLL(ダイナミックリンクライブラリ)で提供していますので、アプリケーションの一部として、組み込むことも可能です。 添付ハードウェアは専用です。
機器構成は、モデム・ボードのページをご参照ください。
 
シングル回線用(1回線)とマルチ回線用(最大4回線の同時動作可)の2種類を用意
通信相手別に通信条件が設定可能 (シングル回線用最大100種類/マルチ回線用最大500種類)
自動着信機能
全銀協伝送制御電文の自動生成
電文長を256/512/1024/2048バイトから選択可能
伝送テキストのブロッキング可能
1ディスクファイル単位の照会または連絡 (マルチファイル転送、複数ファイル転送には対応しておりません。)
可変長レコード/固定長レコードの配信
透過モードをサポート
全銀協規定ファイル名のサイクル番号自動カウントアップ機能
通信制御文の年月日チェックあり/なしの設定機能
パソコン手順、ベーシック手順に対応
通信時のトレース機能 (メンテナンス用)
サンプルプログラム(ご参考用)の添付
【注意】
本製品はコード変換機能をサポートしておりません。
お客様でコード変換ツールをご用意いただくか、予めコード変換されたファイルを通信にご使用ください。
連絡(ファイル送信)処理 (二次局の場合)
照会(ファイル受信)処理 (二次局の場合)
対応OS  
  下記のOSでの動作確認を行っております。(※64bitOSには対応しておりません)
・ Windows Server 2008 SP2 (32bitモード時のみ動作可)
・ Windows 7
・ Windows 10
→動作確認の範囲について
対象言語  
  Visual Basic、Visual C++、その他DLL呼び出しができる言語
提供関数  
 
ZgnHostConfig( )  // 端末別の通信条件を設定します。
HatranConfig( ) 

// 通信デバイスの設定をします。

ZgnHostTrans( ) // 指定通信デバイスを監視し、通信を実行します。
ZgnHostContTrans( ) // 指定した終了条件になるまで通信を実行します。
ZgnMultiHostTrans( ) // 指定通信デバイスを監視し、通信を実行します。 (マルチ回線用)
ZgnMultiHostContTrans( ) // 指定した終了条件になるまで通信を実行します。 (マルチ回線用)
ZgnHostAbort( ) // 通信を中断します。
ZgnHostEndinfo( ) // 通信の終了情報を表示します。
GetDeviceStatus( ) // デバイスの通信状況を取得します。
画面紹介  
通信条件の設定 通信手順の設定 着信監視 通信実行中
通信モードや電文長、電文ファイル等、通信に関する条件を設定する画面です。 回線速度や回線種別等の通信手順に関する条件を設定する画面です。 着信監視中の画面です。 通信実行中の画面です。
<<< 上部図をクリックすると、下部に拡大されます >>>
通信規格

 (一次局・二次局共通)

適用回線 2線式アナログ公衆回線(4線式には対応しておりません)
INS-C回線、専用回線、構内回線については、PCIモデムボード(PCI_MI)販売終了に伴い、動作対象外とさせて頂きます。
通信方式 半二重通信方式 / (全二重通信方式)
同期方式 独立同期方式
接続制御方式 コンテンション方式
応答方法 ACK0、ACK1、NAK方式
誤り制御方式 CRCチェック[X16+X15+X2+1]、時間監視、応答チェック、同期チェック  
伝送コード EBCDICコード (但し、データ電文のレコードで使用する文字コードは 「JIS8単位コード」及び「シフトJISコード」とする)
伝送方式 透過方式
伝送ビット順位 LSB(低位ビット先順)  (但し、CRCは高位の係数から送出する)
リーディング・パッド SYNキャラクター
トレーリング・パッド X"FF"
製品のTOPへ製品ラインナップモデム・ボード価格・納期Q&ADownloadお問合せ先
日立ソリューションズのTOPへ
www.gepatite.com/kurs-lechenija-na-3-mesjatsa

ミィミコミームム ムミセミサミセミエミクミサム糊スム巾オ ミソムミセムミオムムミクミセミスミーミサム糊スム巾オ

ミ慴ーム威クミスミー ミソミセムムσエミセミシミセミオムミスミーム ムびσスミスミオミサム糊スミーム